文大統領の政策は「親中」に集約される

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国は、いずれ親中国家になる。誰もが感じていることではないでしょうか。

反日とか親北とかそんなことが目立ち過ぎで、親中という側面はあまり話題になっていません。でも、私もまた、韓国が「親中」にならざるを得ない(いまよりずっと)と思っています。特に、個人的には、ムン2号さんが「日本との問題は米国ではなく中国が介入すべきだ」と話したときから、確信が持てました。この人、文大統領のかわりに「言っておく」役ですから。

韓国でも「親北」と「反日」について論ずる人は大勢いますし、主に反日関連で「反米になってしまう」という話をする人たちもいます。それはそうでしょう。韓国は、反日が迂回的に反米にもなる構図ですから。でも、「親中」を論ずる人は、いないわけではありませんが、そういません。情報も殆ど入ってきません。

具体的なことが書いてあるわけではありませんが、朝鮮日報に、「親中」関連記事があったので、紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・文在寅政府が発足してから取ってきた、疑問だらけの外交安保関連措置は、全てが1つの方向を指しており、そこには「親中戦略」が隠れている。

環境影響評価を言い訳にして先送りしているTHAAD正式配置、安全保障能力を弱体化させた南北軍事合意、韓日間のGSOMIA破棄、韓米日の安全保障協力の代わりに、中国を含む多国間協力を追求するなどなど、すべては韓米同盟解体への道になる恐れがある。

これは、すべて中国には有益な措置だ。文政府の外交は「米国を離れ、中国に近づく」すなわち遠美親中の戦略である。その目的は、北朝鮮と「一国二制度(一国両制)」式の連邦制統一のため、中国からの支援を受けようとしているものである。中国と北朝鮮は、朝鮮半島に米軍がいる限り、統一に協力することができないという立場なので、文大統領は、統一と米軍撤退を一緒に推進しなければならない。結局、「米国を捨て、中国と手を握る」決断の瞬間に直面せざるを得ないのだろう。

韓国の左派政界は、「連邦制統一」こそ7500万の韓民族が「分断体制」を終え、強大国の前でも堂々と生きることができる大前提だと思っている。この目的のため親中反米が避けられないと見ているようだ。青瓦台が、北朝鮮の核問題に小さな突破口でも開くと、米国の懸念にもかかわらず、南北経済協力に総力を注ぐ構えを見せているのも、そういう脈絡で理解することができる。その成果を動力として、来年の総選挙で勝利し、連邦制改憲に近づく考えなのだ・・

・・表面的には「平和的連邦制統一」であっても、実は北朝鮮主導の吸収統一になるだろう。米国と日本とという心強い友を捨てた韓国が、中国との関係で対等で公正な待遇を受ける保証はない。「垂直位階」を重視する中国は、韓国に依存と屈辱を強要するだろう。社会主義中国と手取って成功した国は、以前にもなかったし、今もない・・>

https://news.v.daum.net/v/20191009031340339

 

昨日のエントリーにもありましたが、「どうすれば韓国の生存に有効なのかを考えて、その逆にしてみる」をやってみると・・確かに本記事に書いてある内容は間違いありません。でも、来年の総選挙(四月)も含めて、全て選挙で決まるわけですから・・・結局は韓国民が選挙でなんとかするしか方法が無いでしょう。必要なときだけ「友よ!」と呼ばれても、日米も迷惑でしょうし。

文大統領としては、4月前には、何があっても北朝鮮関連で何かの成果、少なくとも(韓国の成果でなくてもいいから)米朝関係が進展することを望んでいるはずです。北朝鮮が「年末まで待つ」としていることと、何か関係があるのか無いのか・・

一帯一路構想が、中国はアイヤー、周辺国はファイヤーになっている今日この頃。文大統領が何を思い、どう動くのか。来年の総選挙結果も含めて、目が話せません(マニュアル的な終わり文句)。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5