チョ・グク氏に早くも『次期大統領候補』説

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

チョ・グク氏の辞任で、保守右派の自由韓国党が勝利宣言し、文在寅大統領や共に民主党には大きな衝撃になるだろうというニュースが流れています。

ですが、その「逆」の話もあります。

むしろ今回の「タマネギ大騒動」で、チョ・グク氏のがどれだけ大物なのかを世に示すことができた、だからこそ次期大統領選挙の候補に相応しい、という意見です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<政界では、検察の捜査とは別に、チョ氏の今後の政治的役割論に注目している・・

・・与党側では、チョ長官が次の総選挙での出馬論が上がっている。これは、文在寅政府の今後の国政運営を推進するための、与党内の大統領候補を育てなければならないという世論とも相性がいい。

 

与党側のある関係者は、ニュース1との通話で、「検察の捜査を受けても確定的に有罪を受ける可能性が大きくないうえに、時間も長くかかるだろう」、「すでに次期大統領候補としての地位が大きくなっただけに、来年の総選挙(※2020年4月)を控えて、党内で彼が出馬することが議論されるのは当然だろう」と展望した・・

・・「(チョグク氏は)より大きな役割を果たさなければならない。来年の総選挙に、ソウルでも釜山でも選挙区に出馬して、名誉回復と自分の存在感を確認しなければならない」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20191014164450842

 

さて、本当に「さらなる飛躍のための」辞任だったのかどうか。とりあえず、検察捜査結果と、来年4月の韓国総選挙を見てみないと、なんとも言えません。

一時は知名度も支持率も高い人材が何人もいた左派陣営。彼らがスキャンダルや犯罪で全滅の危機となっている今、「後継者」を育てることができるのかどうか。

それこそ、文氏の最大の老後対策でもありましょう。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5