韓国、日本の韓国大使館に原発専門家を派遣・・理由は「大使館が日本の主張に反論できないでいるから」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国が、在日韓国大使館に「原発専門家」を派遣するとのことです。

理由は、「韓国大使館が、日本の無茶な主張にちゃんと反論できなかったから」だそうです。

それ、別に専門家でないから反論出来なかったわけではないと思われますが・・とにかく、記事から引用してみます。

<・・先立って政府は、2011年東日本大震災で福島原子力発電所からの放射能漏れ事故が発生し、国内にまで被害が及ぶとの議論の末、2014年原発専門家を大使館に派遣して放射能被害関連業務を担当させた。しかし、その後、放射能被害に関する国民の関心が薄くなり、派遣維持のために省庁間の意見の相違が大きくなり、2017年専門家派遣維持に失敗し、関連業務は再び従来の公館員が引き受けることになった。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

しかし最近、日本政府が福島原発内放射能汚染水を海にそのまま放流することを検討しながら、再び問題が浮上した。特に先月4日、日本政府が、東京駐在の外交官を招待し、福島原発の汚染水処理の現状に関する説明会を開きながら議論が大きくなった。

政府関係者によると、この日の説明会で、日本政府はこれまで、汚染水処理の問題に強い懸念を表明してきた韓国政府の立場を紹介し、これを「科学的根拠が不足している主張だ」と話すなど、不適切な発言を繰り返した。当時、説明会には、韓国を含む22カ国の外交官が出席したが、韓国政府は日本側の主張に何の対応をしなかったことが分かった。

 

政府関係者は、「どうしても、当時参加した外交官が原発ᆞ放射能汚染などの問題に慣れていない非専門家だったので、きちんと対応できなかった」とし「このような問題が一歩遅れて提起され、政府内で再び原発専門家を派遣しなければならないという意見が力を得て、このために職務派遣形式で専門家を再び派遣する方法を検討することになった」と説明した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191021094943642

 

2011年の事故に2014年に派遣したというのもおかしな話ですが、しかも、当時も今も、韓国にこれといった影響はありません。これについては9月14日のエントリー「放射能騒ぎは反日の道具にすぎない」で説明しています。

多分、韓国政府が大使館側に送る「専門家」とやらは、9月14日のエントリーで科学的に説明している、「科学的なこと」好きな専門家ではないでしょう。日本が何を言い出そうと、とりあえず強く反発する人たちのはずです。ある意味、原発専門家ではなく、反日専門家を求めているとも言えます。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5