韓国、またもや戒厳令関連文書で大騒ぎ

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国でもっともホットな話題は、いまのところ「戒厳令文書」です。

前にも似たような騒ぎがありましたが、ろうそくデモが韓国名物になっていた2017年2月、韓国軍が戒厳令を考えていた(実際に戒厳状態になることはありませんでした)との話。前は公開されなかった、その「原版」が出てきました。軍人権センターというところで、どうやって手に入れたかは分かりませんが、公開しました。

「現・自由韓国党のファン・ギョアン代表がかかわっていたこと」が書いてあり、「民主主義を戒厳令で踏み潰そうとしていた!」と大騒ぎになっています。

・・・ですが、その「公開されたオリジナル」の表紙に、国軍機務司令部の「機」が、「幾」になっていることがわかりました。

自由韓国党及び保守右派系列の新聞は「どこがオリジナルだ。表紙から誤字じゃないか」と反撃しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<イム・テフン軍人権センター所長が21日、国会国政監査場で持ち出したいわゆる「ろうそく戒厳令文書」に、表紙から誤字があったことが22日分かった。イム所長は、この文書を昨年公開した戒厳令文書のオリジナルだと主張した。しかし、表紙から誤字が発見され、野党側では「再加工された資料だ」との話も出ている・・>

拡大↓

画像キャプチャーと引用ソース:朝鮮日報

https://news.v.daum.net/v/20191023031138832

 

軍人権センターは「文書を提供してくれた人を保護するために、一部を直した文書だった」としています。本当にオリジナルを持っていて、そこにファン・ギョアン氏関連の内容があるのかどうか・・・それはまだわかりません。

とはいえ、韓国ではこの件が「チョ・グク氏事態に対する復讐」として十分成立するほど、大きな騒ぎになっています。来年の総選挙に及ぼす影響も含めて、かなり重要な事案になるでしょう。

ちなみに、戒厳令だ戒厳令だーと軍人が民間人虐殺をやったならともかく、大統領のピンチに戒厳令を検討しただけなら、別にそこまで騒がれることでもない・・私はそう思っています。

本ブログも誤字のことで人様のこと言えませんが(笑

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5