安倍総理、イ総理に「国家間の約束は守らないと」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

30分位前に、安倍総理とイ・ナクヨン総理の「面談」が終わりました。

韓国側の記事でも「面談」としているのに、いまでも日本側の一部の記事で「会談」と書いていることには、ちょっとした違和感があります。

面談か会談か面会かはともかく、少しずつ「速報」扱いで情報が出ています。12時15分あたりのニュースをまとめてみました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・安倍総理への親書を伝達。安倍総理は礼を言った

・安倍総理が「国家間の約束は守らないといけない」「問題解決のための外交的疎通は続ける」と話した

・イ総理が「請求権協定を尊重する」と話した

https://news.v.daum.net/v/20191024121123498

https://news.v.daum.net/v/20191024121130503

http://www.asiatoday.co.kr/view.php?key=20191024010013837

 

韓国は前から「請求権協定(基本条約)を守っている」「その対象になる部分とそうでない部分を分けただけだ」と主張してきました。

北朝鮮の言う「朝鮮半島の非核化」と同じで、『相手側から肯定の返事を取るために、わざと真の意味を隠して話す』手口の一つです。

安倍総理も日本側も「疎通は続ける」と前から言っていたし、いまのところ、新しい動きはありません。親書に何が書いてあるのか、にもよるでしょうけど。

「韓国は、韓国政府自ら国際法違反状態を是正しないといけない」。これが満たされない限り、何も始まらないでしょうし、始まってもなりません。

 

余談ですが、ソース記事の一つ、「アジアトゥデイ」に、ムンジェイン(文在寅)氏の名前が「ムンデイン(文大人)」になっていて、ちょっと笑ってしまいました。

ただの誤字でしょうし、すぐ修正されるでしょう。多分。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5