北朝鮮「協議とは撤去の日付のこと。撤去は協議せずにやる」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

金正恩氏が「見るだけで気持ち悪い南側の施設を撤去しろ」と話してから2日しか経ってませんが、早くも韓国に通知文が届きました。

なんのことだ?という方は、前のエントリーを先にお読みください

韓国では「北朝鮮が無条件撤去せずに『南側と合意して』と言ったから、これは実は対話をするというサインではないのか」という儚い期待を寄せる記事もいくつかありましたが・・

現実(通知文)にはこう書いてあったそうです。「協議するのは南側が金剛山観光地区に来て施設を撤去する日付のこと。撤去そのものは協議の対象ではない」。どうやら撤去はもはや既成事実で、撤去も韓国の仕事のようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・北朝鮮は対南通知文で、韓国側の施設を撤去する問題において協議の余地が無いという点も明らかにしている。通知は「金剛山地区に国際観光文化地区を新たに建設する」とし「合意された日に金剛山地域に入って当局と民間企業が設置した施設を撤去していくことを望む」と述べた。また、「実務的問題は、文書交換方式で合意すること」と明示した(※直接会うことはしないという意味になります)。

南側と撤去日を協議するものの、撤去するかどうかに関しては協議しないという方針を明らかにしたものである。実務的問題を文書交換方式で合意するということも、協議の余地を最小限に抑えるという意志に見える・・>

https://news.v.daum.net/v/20191025190651004

 

確かに、北朝鮮において金正恩氏の言葉は絶対です。彼が「撤去して新しいものを作る」と言ったのに、北朝鮮が協議をするはずないでしょう。

記事によると、象徴的な意味も強く、韓国が550億ウォンかけて作った「離散家族面会所」を守ることができるのか、それも気になる点だそうです。いまのところ撤去対象に面会所は名指しされてないけど、具体的にはわからない、とも。

後になって、「なんでキレイに元通りにできなかったのか」と韓国にお金を請求したりして・・

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5