「日本の反韓不買運動」?

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

日本の現地韓国企業人たちが「日本の反韓感情で苦しい」と国会で嘆いた、とのことです。記事の題には「(日本の)反韓不買運動」という聞いたことのない言葉まで出てきました。

前にも似たような話がありましたが、それは「韓国との取引にリスクを考えるようになった」という趣旨のものでした。

そこまでは分かるとしても、ソース記事の題でもある「反韓不買運動」という言葉には、どうしても違和感を覚えてしまいます。

MBCの、短い記事ですので、全訳してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本不買運動が続いている中、日本でも反韓感情がひどくなり、私たちの企業が困難にさらされているという話が聞こえてきます。日本現地の韓国企業は昨日、国会予算決算委傘下の「日本貿易紛争小委員会」所属国会議員たちに会った場で、最近韓国の商品があまり売れず、通関過程で検査の頻度が高くなる傾向があると訴えました。

また、韓国関連行事が取り消しになったり、「韓国料理展」を「アジア料理展」と名付けてやる必要があると伝えました。>

https://news.v.daum.net/v/20191026081016039

 

「日本企業が、韓国企業との取り引きにおいて相応のリスクを考えるようになった」、「韓国のイメージが悪くなって、どうしてもビジネスにも影響が出てくる」という類の話なら、まだ分かります。

でも、反韓不買運動なんて見たことも聞いたこともありません。どこの惑星の日本でやっているのでしょうか。

よく読んでみると、題には「日本現地企業人、反韓不買運動で苦しい」と「反韓不買運動」という言葉が出てきますが、本文には「反韓感情」はありますが反韓不買運動という言葉はありません。

自然な形で売れなくなった韓国製品を「反韓」のせいにしたいのではないか・・・どうしてもそう読み取ってしまう私の心は、今日もきっと曇りまくりです。

 

※「インフォメーション」に重要なお知らせを書きました(広告の設定関連)。後でぜひ読んでみてください。PCだと「続きを読む」をクリックされなくても読めるようにしました。

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5