「日韓政府が合意案検討」ニュース、韓国外交部が否定・・「事実無根」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

午後遅くから、「日韓両政府が元徴用工問題を巡り、合意案の検討に着手した」というニュースが流れました。

最初に出てきたのは共同通信のようですが、時系列的にその前のソース記事があるのかどうかは未確認です。

一応日本語記事がありますので↓、お読みください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00000158-kyodonews-pol

 

本当なら大きな事案であり、本ブログとしては「反対」を明らかにしたい内容でしたが・・

事案の重さの割には、どうも「~が~と言ったから、多分そうではないだろうか」なニュアンスが強く、本ブログではエントリーしませんでした。

その後、韓国でも同じニュースが流れました(共同通信を一次ソースとして)が、またしばらく経ってから、「韓国外交部は『事実無根』と否定している」という内容が加わりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・韓国外交部は、このような報道を否定した。

外交部当局者は「この報道は事実ではない」、「これまで韓国と日本当局間の議論の過程で一度も言及されたことの無い案だ」と語った。

この当局者は「政府は、司法判断を尊重しながら、被害者と両国国民が収容できる合理的方策を模索するという立場であり、このような立場のもと、日本の外交当局とのコミュニケーションを継続している」と強調した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191028223745645

 

いまのところ、個人的には、「安倍総理がイ・ナギョン総理と話し合った内容が、どこかで訛伝されたのではないかな」と見ています。

ただ、万が一にも事実なら、「国家(個人・法人・政府)」間の請求権協定はすでに完全かつ最終的に解決されたという基本条約の内容からして、決してあってはならない案です。

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5