韓国の歴史学者「じゃ、日本で韓国人記者が『ナルヒト氏』と言っても大丈夫なのか」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

「時事直撃」の久保田るり子さんの発言で、「文在寅氏」という呼び方を執拗に攻撃する人たちがいます。すでに番組制作陣(及び、一部の日本語がわかる人たちも)が「日本では文在寅氏はタメ口ではない」と説明しているにもかかわらず、「無礼だ」という指摘が相次いでいます。

ちなみに、人の姓と名前をちゃんと呼んで「氏」を付けるのは、韓国でも問題になるような呼び方ではありません。最近は無条件「様」を付けるところが多くなりましたが、病院などで人の名前を呼ぶときにも、「金◯◯氏」と呼ぶのは、そう珍しいことではありません。要は、ニュアンスの問題だったりします。

多分、「日本人が韓国の大統領を『氏』と呼んだ」こと自体が、気に入らないのでしょう。

そんな中、韓国の歴史学者が、「じゃ、日本で韓国人記者が『ナルヒト氏』と呼んでも問題ないのか」とSNSに投稿しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<歴史学者チョン・ウヨン氏が日本偏向放送論議を起こし、遺憾を表明したKBS1TV「時事直撃」の制作陣を批判した。

彼はKBS製作陣が「日本で『〜氏』は格式を備えた尊称語だ」と釈明したことに対し、「それでは、日本で韓国の記者が『ナルヒト氏』と呼んでも大丈夫なのか」と追い詰めた・・>

https://news.v.daum.net/v/20191029145548467

 

韓国社会には、「力による」上下関係しか知らない人がほとんどですから・・チョン氏も「天皇は大統領のようなもの」としか思ってなかった可能性もありますが、仮定そのものがあまりにも間違っています。

日本の記者が韓国で「文在寅氏」と呼んだことをアピールしたいなら、「日本で韓国人記者が『安倍晋三氏』と呼んでもいいのか」にすべきだったでしょう。

 

こんなことを書いて、メディアで紹介されて・・それでも「私は嫌われるようなこと何もしていない」「韓国は日本を嫌っていいけど、日本は韓国を嫌ってはならない」としているのが韓国社会です。

「だから、嫌われる」という結果だけが、いつも返ってきます。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5