韓国市民団体、金剛山「個人観光客」募集

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国政府は「個人観光は政府の許可さえあれば出来る」と話してまだ3日も経ってないですが・・

待っていたと言わんばかりのタイミングで、江原道(カンウォンド)の市民団体が、全国から金剛山個人観光客の募集を宣言しました。

個人的に、無視できない数が集まるだろうと思っています。

身の安全さえ保障できれば、許可できるというのが韓国政府の立場であり、金正恩氏が「韓国の同胞が来るのはいいよ」と話しているので、北朝鮮としても反対できない可能性が高いと言えましょう。

個人観光の場合、制裁違反ではないとされ、外国人観光客は普通に北朝鮮に出入りしています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<金剛山観光再開汎江原道民運動本部(以下道民運動本部)が30日、全国規模の観光客を募集して金剛山個別観光(※個人観光)を申請すると発表した。

汎道民運動本部は同日、江原道庁での記者会見で、「金剛山個人観光希望者を集めて早期に統一部に訪朝申請をする」と「2カ月以内には全国規模の観光客を募集して個々の観光を推進する」と主張した。

続いて「政府と北朝鮮当局は、私たち国民の金剛山個々の観光が行われ、南北間の協力が維持できるように積極的な協力してほしい」と要求した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191030113611855

 

表面的な形がどうであれ、韓国人が北朝鮮で「引率者」無しに観光ができるのでしょうか。何かの形で北朝鮮の人たちとの接触を防ぐ方案が無いと、韓国は観光客の身の安全という側面で、北朝鮮は韓国との接触という側面で、不可能なのでは。実際は「団体が主導・制御する」必要があり、その時点で制裁対象になるはずです。

 

それに、もし個人観光が出来るとしても・・

中央日報は個人観光の件で、<・・単に大量の現金流入禁止条項を避けられるかどうかの問題ではない。今の対北朝鮮制裁は、北朝鮮が大量破壊兵器(WMD)の開発に使う全ての収入源を遮断することこそが重要である。個人観光といっても、統一部の許可を受けて韓国国籍者が、お金を出して北朝鮮に観光に行くなら、金額が大きいかどうかではなく、韓国政府が北朝鮮への現金流入を促す格好に見えるだろう・・>としています。

韓国の「当事国」の立場からして、国際社会から、対北朝鮮制裁の足並みを乱す行為だと見られても、仕方ないでしょう。そもそも、それが目的である可能性も・・いえなんでもありません。

https://news.v.daum.net/v/20191027162830170

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5