北朝鮮、また未詳の飛翔体2発・・今年12回目

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

日本でも報道されていますが、北朝鮮がまた謎の飛翔体(多分ミサイルでしょう)を発射しました。

<合同参謀本部は31日、「北朝鮮は今日の午後、平安南道一帯から東海に未詳の発射体2発を発射した」と述べた。北朝鮮は今回の発射で、今年に入って12番目の発射体を撃ったことになる。合同参謀関係者は「韓国軍は追加発射に備えて関連の動向を追跡監視しながら態勢を維持している」と・・>

https://news.v.daum.net/v/20191031170329211

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

今回の件が、例の「個人観光」を初めとする、文在寅政府の「それでも平和で行く」路線に大きな変化をもたらすとは思えません。いままでもそうでしたし、「軍事合意違反は1件もない」としていますから。9月19日、文化日報の報道によると、「合意精神には抵触しているが合意違反ではない」と・・

<・・国防部は18日、「合意違反行為は、1件も発生していない」と主張した。北朝鮮のミサイル挑発については、「合意の精神に抵触する水準のもので、合意違反だと見るのは難しい」とした。どの国の国防部なのか疑問である・・>

https://news.v.daum.net/v/20190919120250759

 

ただ、さすがに韓国民全員が北朝鮮を快く思っているわけではないし、北朝鮮がこんなことを続けると、来年の総選挙(4月)にて文政権および共に民主党に良いことはなにもありません。北朝鮮はそれを分かっていて、「こうしてこそ南側の『しつけ』ができる」と思っているのでしょうか。それとも、もう完全にアウトオブ眼中なのか。

お母様の葬式が終わり、大統領府に帰ってきたばかりの文在寅大統領。南北平和経済で日本に克つ日は、まだまだ遠いようです。知りませんけど。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5