ムン・ヒサン議長、日本政界との面談をキャンセル。同行予定だった韓国国会議員たちも訪日キャンセル

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

この前、山東昭子参議院議長から「まずは発言の謝罪と撤回を」と要求された韓国のムン・ヒサン国会議長。

どうやらそれ以上の謝罪も撤回もせず、日本政界との面談をキャンセルし、公式日程(講演など事前に用意しておいたもの)だけ行う、とのことです。

また、一緒に訪日する予定だった国会議員たちも訪日をキャンセル、最小限の実務チームだけになる、とも。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<3日から3泊4日の日程で日本を公式訪問するムン・ヒサン国会議長が日本政界との面談をキャンセルした。今回の訪問は、日本の東京で開かれる第6回主要20カ国・地域(G20)会議首脳会議に出席するためのもので、当初ムン議長は訪日期間中、日本の政界の要人たちと会って梗塞された韓日関係の改善に乗り出す予定だった。

しかし、最近、山東昭子・日本参議院議長が日本軍慰安婦問題と関連し天皇(※記事原文では『日王』)の謝罪を取り上げたムン議長の発言をめぐり、公開的に遺憾を表明、スケジュールに影響を及ぼしたものと見られる・・

 

・・山東昭子・日本参議院議長に書簡を送り謝罪の意を明らかにしたが、山東昭子議長側は内容が十分でないとし、書簡を返し、溝はさらに深まった。ムン議長はこのような状況にもかかわらず、来る4日G20会議の首脳会議に出席、5日には早稲田大学で「未来志向の韓日関係修復のための提言」をテーマに特別講演など、公式日程は消化する方針だ。

国会は、ムン議長出国前日の2日、報道資料を出して「ムン議長は、韓日両国の多くの知人から、現在の条件上、訪日の日程を調整したらどうかという苦言を受けた」と伝えた。ただ、「常に、どのような困難な状況があっても、一度交わした約束を破ってはならない」という信念を実践してきたムン議長は「約束を守る政治家として、日本側と約束したイベントをキャンセルしてはならない」という判断に基づいて決断を下した」と明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20191102163659324

 

ムン議長、「国家と国家の約束を守れ」と安倍総理から散々言われている韓国の現状についてはどう思っているのでしょうか。

引用部分にはありませんが、「訪日に同行する予定だった与・野党議員団の日程も取り消し、訪問団の規模も最小の実務者にのみ再構成する」、と。もうこの時点で、ムン議長の訪日は(G20議長会議に出席すること以外は)失敗したも同然でしょう。

ムン議長が発言の「謝罪」をすることも重要ですが、私は、発言の「撤回」のほうがもっと重要ではないだろうか、と思っています。韓国側の記事だと、山東昭子議長が「ムン議長が謝罪したのに、また謝罪を要求した」とだけクローズアップされていますが、山東昭子参議院議長が要求したのは謝罪と撤回です。ムン議長が「撤回」を意を示したことは一度もありません。

 

※ちょっとだけ追記します※

一部、日本側のニュースで「ムン議長は、G20国会議長会議に出席しない」という内容が報道されています。でも、いまのところ(2日深夜)、韓国側の報道では「3日遅く日本に到着、G20国会議長会議や早稲田大学での講演など4日と5日の日程を消化する」となっています。どちらがミスなのかはまだ分かりませんが、いまのところ、ムン3号がG20国会議長会議に参加しない理由は無いと思われます。

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (225)

81 Replies to “ムン・ヒサン議長、日本政界との面談をキャンセル。同行予定だった韓国国会議員たちも訪日キャンセル”

  1. 早稲田大学で土下座要求と
    (帰れ)コールはなかったのでしょうか。
    情けない。

コメントは受け付けていません。