ムン・ヒサン議長「慰安婦問題は慰安婦合意で解決できなかった」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ムン・ヒサン国会議長がG20国会議長会議に参席するため(※一部の記事で参席しないという報道がありましたが、誤報だったようです)日本行き飛行機に乗る前に、朝日新聞とのインタビューで話した内容をまとめました。

要は三つで、日本に「心からの謝罪」要求、天皇謝罪発言についての謝罪(撤回はせず、『心を痛めた人たちに申し訳ない』と同じ言葉を繰り返す)、そして、またもや基金案を用意してある、という内容です。

「心を痛めた人たちに申し訳ない」は、鳩山元総理にも、山東参議院議長にも(書簡で)話したことがあります。同じ言葉の繰り返しで、発言の撤回もありませんでした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

また、「慰安婦問題は、心からの謝罪があれば解決できる」としながら、「慰安婦問題は談話や合意では解決できなかった」とし、河野談話と慰安婦合意を否定しています。

記事によると、<ムン・ヒサン国会議長が日本のマスコミとのインタビューで、「慰安婦問題は、心の問題だと考えている。日本から心のこもった謝罪の言葉一つでもあれば解決できると考えている」と述べた。ムン・ヒサン議長は3日報道された朝日新聞とのインタビューで、「慰安婦問題は、両国間の合意や談話があったけど、解決できなかった。被害者の心に恨みと悲しみ、嘆きが残っているからだ」と、このように述べた・・>、とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20191103223102214

 

そして、「いわゆる」徴用工問題を解決するための案を用意していて、日本側の反応を見てから国会に出すとしています。

別ソースになりますが、どうやら今までの基金案に、「国民の寄付金」をプラスする案のようです。ただ、公式に発表されたわけではなく、ソウル新聞の取材によるもので、まだ具体的には分かっていません。

https://news.v.daum.net/v/20191104050646518

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (194)

109 Replies to “ムン・ヒサン議長「慰安婦問題は慰安婦合意で解決できなかった」”

  1. そういう話は、公式の場でしてもらわないと、今の日本政府は対応しません。
    本当にそう思っているのなら、議長は大統領を説得するべきでしょうね。
    ま、この件については、アメリカにも見限られているのですが。

コメントは受け付けていません。