国情院「金正恩は12月の米朝首脳会談を決めてある」、「北朝鮮はSLBMのための新型潜水艦を建造中。ほぼ完成段階」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

国情院が国政監査で、北朝鮮のSLBMのため(と思われる)の潜水艦がほぼ完成段階であることと、金正恩氏が12月に米朝首脳会談を決めてあると話しました。

SLBMこそ、北朝鮮核開発の『一つのゴール』ではないか、と個人的には思っています。前から北朝鮮がSLBMに成功したとか失敗したとか、そのための潜水艦を建造中だとか違うとか、北朝鮮の潜水艦はノイズが目立つから大したことないとか何とか、米国がSLBMだけは許さないだろうとかそうでもないとか、いろいろ推測も憶測もありました。

そして、国情院(旧安企部)が、北朝鮮が新型潜水艦を建造中であり、ほぼ完成したと報告しました。10月2日に発射テストをしたSLBMを載せる可能性が高いとのことです。10月2日のミサイルは、韓国側では「SLBMだということに重みをおいてある」とされてきました。

まだ潜水艦で撃ったものではないとのことで、本当に潜水艦から発射できるのかどうかはまだ不明です。しかし、「時間稼ぎ」という北朝鮮の作戦は、着々と成果を残しつつあるようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・国政監査で国家情報院の報告

・10月2日北朝鮮が試験発射した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)は、前の物より弾道性能が向上したもの

・10月2日時点では、まだ潜水艦から撃ったものではなく、発射装置は新しく作ったものだが、大地で撃ったもの。潜水艦に搭載する可能性が高い

・(※まだ北朝鮮には相応の潜水艦が無いが)新浦(シンポ)で北朝鮮は新型潜水艦を建造中であり、完成が近い

・この潜水艦に10月2日にテストしたミサイルを載せる可能性が高いため、注視している

・金正恩氏は12月の米朝首脳会談を決めてある。今月、遅くても12月初めには実務協議で議題を調整するだろう

https://news.v.daum.net/v/20191104172224884

https://news.v.daum.net/v/20191104173801404

 

「決めてある」というのは、ニュアンス的に「米国と話さず、勝手に決めてある」という意味にも聞こえますが、その点については記事ではハッキリしていません。個人的に、もし米国側も知っていてわざと秘密にしていたなら、国政監査で国情院が話すはずはないだろうと思っています。

北朝鮮は、潜水艦+弾道ミサイルを完成させ、これで12月に米国から「何かの良い条件」を引き出そうとしていると思われます。12月は、北朝鮮核問題において重要な山場になりそうです。

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5