ムンヒサン議長、基金案を国会発議する模様・・「日本の意見を受け入れて発議する」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

2日ぐらいの出来事だとは想像もできない多くのネタを散らかし、ムン・ヒサン韓国国会議長の日本訪問が終わりました。予定通りなら昨日の夜、遅くても今日の朝にはメキシコへ出発したはずです。

例の基金案(基本的に今までの基金案に国民寄付金などを加えたもの)は、「日本の意見を受け入れて修正し」、韓国に帰ってから発議するとのことです。

本エントリーは記事から引用した部分はありませんが、↓がソース記事のURLです。マネートゥデー「徴用賠償にお金出せないという日本・・ムンヒサン、修正案を作る」 https://news.v.daum.net/v/20191106093807136

まだ、「なぜ基金案がダメなのか」をまったく理解していないように見えます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

基本条約の請求権協定で有名なフレーズ「完全かつ最終的に解決した」は、賠償(併合時代が違法だったという意味)とも補償(違法ではない)とも書いてません。国(政府、法人、個人)による国家間の請求問題が、解決したとなっています。言い換えれば、「これからは国内問題」です。

だから日本企業による個人賠償を決めた判決が国際法違反になるわけです。もし韓国がどうしても最高裁判決を守りたいなら、その支払いは国内問題として韓国政府がやるべきです。基金案だろうとなんだろうと、そこに日本(政府、企業、個人)が関わってはなりません。いままで、韓国政府はそうしてきました。右派の朴正煕氏も、左派の盧武鉉氏も。

 

基金案は、「違法状態をそのままにして、なんとか誤魔化してみよう」な案にすぎません。重要なのは金額が満たされたかどうかではありません。

基金案を出している人たちは、こう言っているのです。「皆で仲良くお金を用意しよう。基本条約は壊れたままでいいからさ。国際法違反状態なんかどうでもいいからさ。この案に反対する人は、『皆で仲良く』に反対する悪い人なんだよ」。

慰安婦合意で日本が出捐した資金(6億円程度が残っているそうです)を使うという話が出ていますが、それも同じです。そのお金は慰安婦財団(和解・治癒財団)の運営のための資金として、合意に基づいて日本が出したお金です。手を出した時点で、合意破棄です。すでに破棄状態でもありますが。

 

でも、大統領府も「個人の考えにすぎない」としているし、世論もあまり思わしくないし、何より「『いわゆる強制徴用被害者』たちと事前に合意していない」という、韓国社会としては致命的な問題があるので、ムンヒサン氏のこの発議が国会を通過できる可能性はゼロに近いと言えましょう。

この件、ムンヒサン氏の政治生命を終える事案になるかもしれません。彼の政治生命が終わっても困ることは何もありませんが・・

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5