ムン・ヒサン議長「『文・安倍宣言』をしよう」「約束を守るために訪日し、悪くない結果」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ムン・ヒサン氏が、安倍総理と文大統領が共同宣言をすべきだと主張しました。また、「狐と鶴のご馳走」を持ち出し、「食べられないと分かっていても、私を招待した意思を尊重して日本に行って相応の成果をあげた」と成果を強調しました。

ちなみに、ムン議長の案は日本政府から公式に「受け入れられない」と『宣言』されました。

聯合ニュースの記事です。ちなみに、午後3時の記事ですが「東京で~」というところを見ると、午後まではまだ日本にいたようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本を訪問中のムン・ヒサン国会議長が6日、韓日葛藤状況の打開のためにムン・ジェイン大統領と安倍晋三日本総理が首脳会談を通じて、新しい韓日関係を開く必要があると強調した。ムン議長はこの日、東京都内ホテルでの東京特派員団との懇談会で、韓国と日本が首脳会談を通じて、・韓日請求権協定と日本の「痛烈な反省」が込められた金大中・小渕宣言の再確認、・韓日軍事情報保護協定( GSOMIA)とホワイトリスト(輸出審査優遇局)一括復元、・徴用問題の立法解決の3つを宣言しなければならないと提案した。

また「金大中・小渕宣言に続くムン・ジェイン・安倍宣言になるだろう」とし「今年中に韓国で徴用問題を解決するための法律が立法され、両首脳は、首脳会議の意志を示さなければならない」と主張した・・

 

・・ムン議長は「(※訪日する前に)日本に行ってはならないという意見を随分言われた」とし、寓話の「狐と鶴のご馳走」の話を取り出した。彼は「キツネがツルの招待を受けて行ったけど、長い瓶に魚を入れたためキツネは、食べるものが無かった」とし「食べられないことを知りながら、私を招待した意思を尊重し、早稲田大で講演するという約束を守るために訪日を決心した」と説明した。

彼は「期待以上のおもてなしを受けなかったが、一寸の誤差もない警護、憎らしいほどの礼儀作法などに感謝している」とし「政界と学界、言論界の人たちに会って話を伝え、反応も良かった。成功とまでは言えないが、悪くなかった」と訪日の成果を評価した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191106150247998

 

自分で請求権協定に傷をつけていることには一切言及せず、「私の言うとおりにすればいい」と騒いでいるように見えます。

ちなみに、日本政府関係者はNHKにて、ムン氏の基金案に対して『受け入れられない』と話しました。<・・日本政府関係者は、NHKの番組で『日本企業が費用を出すことを前提とする案で、これまで言ってきたように、日本は受け入れることができない』と言いました。菅義偉官房長官も定例記者会見で、他の国立法府の議論についてコメントを差し控えたいと言いました・・>。

https://news.v.daum.net/v/20191106181915813

G20国会議長会議だったから、別に「来るな」とまでは言いません。でも、言い換えれば、「国会議長だから国会議長会議に来た」だけでしょう。なんでここまで目立とうとするのでしょうか。

 

 

 

※重要なお知らせ※

次の更新は、8日(金)の夕方になります。久しぶりに、某所で一泊してきます。次の本のご紹介もすぐできそうなので、期待してください!

(・∀・)ノ

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5