韓国政府、不可思議な理由で脱北者2人を「追放」・・韓国史上初の脱北者追放

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

以下、現時点で分かっていることをソース記事付きで述べてみます。

・2日(※日付がちょっと不確かです)、韓国の日本海のほうで、韓国軍に北朝鮮の漁船が拿捕されました

・その船に乗っていた20代の青年2人は帰順(韓国に投降する)の意思を明らかにしました

・7日、韓国は2人を北朝鮮のほうへ強制送還しました。船も8日に北朝鮮に引き渡しました

・韓国に帰順意思を明らかにしたことがニュースに報道されているにもかかわらず、その2人を北朝鮮に強制送還したのは、納得できないことです。韓国が北朝鮮から来た人を「追放」の形で送り返したのもこれが初めてです

・韓国政府が出した送還理由は、「その2人が、船で16人を殺害した凶悪犯罪者だからだ」です

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・韓国政府の説明によると、その2人(犯人は3人で、一人は北朝鮮で検挙済み)は同じ船の船員16人を殺害して韓国に逃走してきたとのことですが、15m前後の17t船の上で2人が16人を殺害するなんてそうそう出来ることではありません

・「2人がそう陳述した」としているだけで、証拠はなにもありません。血痕はあったとのことですが、鑑識などはしませんでした

・二人の帰順を韓国は非公開にしていました。大統領府関係者の携帯画面が偶然記者のカメラに写って、この事実が明らかになりました

・韓国は、2日、船と二人の靴、服を消毒しました。裁判の管轄権が無いのでこれといった調査(血痕の鑑識、証拠収集など)はしなかったとのことです。

・脱北民たちは「イカ漁の木船に19人が乗るなんでありえない」、「(犯人3人は1人ずつ船員を呼び寄せて殺害したことになっているが)海上作業は3組、1組が最小6人で構成される。そんな犯行は不可能だ」としています

・野党側からは「犯人はターミネーターかよ」というツッコミがありました

・国際規約及び韓国憲法違反だとする意見がありました。以下、記事から引用します

<7日(現地時間)、米国の北朝鮮人権委員会グレグ・スカラチュー事務総長は、VOAに「1953年7月27日韓国戦争終戦協定締結後、初めて韓国で脱北民追放が行われたことについて深く憂慮する」と述べた。追放された北朝鮮の住民2人が拷問と死刑に処される十分な根拠があり、これは、国連拷問防止協約と市民的・政治的権利に関する国際規約違反だと指摘した。特に「大韓民国憲法上、北朝鮮住民も韓国籍とみなされるだけに、今回の追放措置は憲法を違反、毀損したものだ」と批判した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191108104707620

https://news.v.daum.net/v/20191109105000601

https://news.v.daum.net/v/20191108071917230

https://news.v.daum.net/v/20191109030216779

https://news.v.daum.net/v/20191108104707620

https://news.v.daum.net/v/20191109103209419

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5