金剛山撤去問題、韓国は必死に対話を提案するも・・北朝鮮は韓国の財産権すら認めず

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

金剛山観光、韓国側施設撤去の件、続報です。どうやら、北朝鮮は関連施設に関する韓国の財産権そのものを認めていないようです。

前に本ブログで指摘したことがありますが、北朝鮮が「南側と合意して撤去する」と話したことで、韓国では「それって対話を再開するというサインなのでは!」と喜ぶ声がありました。でも、その後、「合意は撤去の日付だけ」であることが分かり、撤去するのも韓国の仕事であることも分かりました。

今日のソース記事によると、韓国政府はまだまだ「対話のきっかけにする」としているようですが、うまくいかないでいて、北朝鮮は韓国の財産権そのものを認めていないことも分かりました。SBSからの部分引用です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・北朝鮮の金剛山南側施設撤去方針を置いて、南北間の協議が進んでいるが、進展がないことが分かった。韓国政府の実務会談提案を北朝鮮が拒否し(※会う必要もないから文書交換だけにするというスタンスです)、その後、施設点検団の訪朝を政府が再び提案したが、北朝鮮は、施設撤去だけしろという従来の立場からさほど変わっていないと伝えられた。キム・ヨンチョル統一部長官は、「(南北間)協議中だが、溝がまだ深い状況だ」と明らかにした。

政府は、施設点検団訪朝を提案したと発表してから、南北間の協議プロセスについて一切言及していない。南北間の協議状況をいちいち中継することができないというのが表向きの理由だが、北朝鮮の立場が強硬な状況で、これを公開するのは負担があったのだろう。南北関係を重視してきた政府だけに、北朝鮮の冷ややかな反応をそのまま伝えることは気が引けるわけだ。政府としては、施設撤去問題で何とか南北対話を再開する考えも持っているが、これらの意図通りにイカないでいるから秘密主義を固守するしかないのだ・・

 

・・(※朝鮮新報は)「南側当局は、2008年に金剛山観光を一方的に中断し、3年後の2011年には、朝鮮(※北朝鮮)が金剛山国際観光特区に指定、新しい特区法に基づいてエリア内の財産を整理した。南側の当事者たちにも通告したが、当局が訪朝協議を妨害し期限内に現地を訪れなかった対象者は「財産権の放棄」と認定され、施設は、法的処分された」。一言で私たち企業の財産権を認めていないということだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20191109095405925

 

この前、北朝鮮とのサッカー試合の録画中継がキャンセルされたのも、「実は北朝鮮のイメージが悪くなるのを防ぐためではないのか」という指摘があります。今回もまた得意の「隠す」でしょうけど・・隠してどうにかなる問題なのでしょうか。金正恩氏が撤去しろと言った以上、北朝鮮は韓国の施設を撤去します。「撤去しないといけない」ことになっています。そんな相手と対話、対話といっても・・・「お願いだから来年総選挙終わってからにして」という対話でもしているのでしょうか。

数ヶ月前までは、「年内に金正恩氏が韓国に来て首脳会談を開く」という話もありました。ああ、懐かしい。

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5