元合同参謀本部次長「新・アチソンラインの可能性」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

合同参謀本部というものがあります。韓国の陸海空軍統合指揮本部のことで、米国で言うJCS(アメリカ統合参謀本部)のような存在です。

2015年にその合同参謀本部の次長だった予備役中将から、「新・アチソンライン」という言葉が出てきました。そして、その核心は、GSOMIAになるだろう、とも。

1950年1月、米国務長官だったディーン・アチソン氏がアメリカの防衛ラインについて、「フィリピン~沖縄・日本~アリューシャン列島まで」で、それ以外は責任を持たないと話しました。これをアチソンラインと言います。韓国では、朝鮮戦争の大きな要因の一つだった、と言われています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この件について、「ソウル経済」は最近の米国と韓国との関係が、新しいアチソンラインを決める流れになるのではないか(米国の防衛ラインから韓国が外されるのではないか)、という記事を載せました。

全般的には目新しい内容はありませんが、最後の部分、合同参謀本部次長出身の予備役中佐の見解を引用してみます。

<・・シン・ウォンシク前合同参謀本部次長(予備役中将)は「2017年、現政府が中国と合意した「3NO」政策(THAAD追加配置しない、米国のミサイル防衛システムに参加しない、韓米日3国安保協力が軍事同盟に発展することは無い)を締結から、GSOMIA廃棄まで、現政権が親・北朝鮮、親中国側に立つにつれ、新・アチソン宣言のようなものを心配する声があがっている」と診断した。

続いて「現在、米国では文在寅政権に強硬な信号とともに、選択肢を提示したように見える」、「核心はGSOMIAであり、政府が今の立場から変わらなかった場合には、米国政府も断固な決断を下す可能性がある」と分析した。>

https://news.v.daum.net/v/20191111175020225

 

つい数年前までは、こんな韓米関係の急激な崩壊に関する話(たとえば在韓米軍撤収の話など)を聞くと、「可能性はあるが、実現する可能性はそう無い」と思ったりしました。そんな時期が私にもありましたが・・最近は米軍撤収とか新アチソンラインとかこんな話を聞くと、「あるある」と思ってしまいます。

2018年9月、文在寅大統領はインドネシアのマスコミとのインタビューで、朝鮮半島の状況を関連して「年内に『戻れなくする』ほど進める」と話したことがあります。それから1年2ヶ月。ついに軍の幹部出身から「新アチソンライン」という言葉まで出てきた韓国。文大統領の言う「戻れない」とは、こういうことだったのでしょうか。

 

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5