韓国人教授「日本は自尊心のためにGSOMIA延長が言い出せないでいる」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

日本恵泉女学園大学のイ・ヨンチェ教授が、「日本は実はGSOMIA終了を惜しんでいるけど、自尊心のせいでGSOMIA延長が言い出せないでしる」と主張しました。

TBS(※ソウル市が運営する首都圏TV放送局で、最初は交通専門でしたが最近は普通の放送局のような報道も増えてきました)の報道から、引用してみます。

<・・日本は、韓国がGSOMIAを終了することは結局は北朝鮮と中国を利するだけだと話したり、韓米日同盟に亀裂を作っていると話したり、また、GSOMIA終了が北朝鮮におもねるための韓国の親北戦略ではないかと批判する人までいます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ところが、今の日本は、本音ではGSOMIA終了を最も惜しんでいるにもかかわらず、自尊心上、韓国延期しようと主張できません。代わりに、米国を介して圧力をかける形にしており、実際、米国の各国防総省、国務省系列で韓国に積極的に取り組んでいるのは、もちろん、米国の利益もあるけど、日本の積極的なロビー活動による要求だと判断すべきです・・>

http://www.tbs.seoul.kr/news/bunya.do?method=daum_html2&typ_800=4&seq_800=0010365687

 

・・・いったい何の根拠で「自尊心」が出てきたのでしょうか。

日本政府は、すでに「韓国がGSOMIA延長を言及するなら、応じる用意がある」と話しています。最初から日本は「GSOMIAは(輸出管理見直しとは)別の問題」、「GSOMIAは延長されるべきだ」としていましたので、応じないこともないでしょう。

https://news.v.daum.net/v/20191112103640761

 

「自尊心」にとらわれているのは、韓国のほうでしょう。ホグにされたくないという心理も、結局は歪んだ自尊心が影響しているでしょうし・・

この点については、私だけでなく、韓国マスコミからも似たような主張を見つけることができます。ちょうど同じ日、世界日報が「自尊心ではなく、損益を考えるべきだ」という見出しの記事を載せています。日本に対する自尊心のせいで、韓国政府がミスを犯しているという趣旨です。

https://news.v.daum.net/v/20191112221211073

「相手は私を見下しているに違いない。なぜなら、私が相手を見下したいと思っているはずだ」という幼稚な考え。

そこから生まれた自尊心なら、ただの歪みです。「尊」の欠片もありません。

 

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5