韓国大統領府「大統領の立場は確固たり」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

またGSOMIA関連になりました。

文政府にはGSOMIA関連で様々な圧力がかかっていますが、結局、文政府はどんな決定をするのでしょうか。

少なくとも今の時点では、文在寅大統領の決心はゆるぎが無いように見えます。

KBSニュースから部分引用してみます。アンカーと記者の会話形式の報道です。

<・・【アンカー】これまで何度も、私たち青瓦台、政府の立場は出てます。「日本が輸出規制を撤回しなければGSOMIA終了は避けられない」と。この立場は変わってませんか?

[記者]はい、変化がありませんでした。大勢の青瓦台関係者に聞いてみましたが、返事は同じでした。GSOMIA終了決定は、多くの悩みの末、慎重に決定したものであり、簡単に覆す事案ではないということです。ある関係者は、「文大統領の意志は確固たり」とも言いました・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・[アンカー]防衛費分担金も問題です。大幅な増額を要求する米国の圧力も加わっています。韓米同盟まで影響を受けることはないのか、こういう懸念も出ていますが、青瓦台の立場はどうですか?

[記者]青瓦台の立場は変わっていません。GSOMIAは、韓日間の問題であるだけで、韓米同盟とは関係ありません。米国側にこれを説明してきたし、今もしているので、GSOMIA終了が防衛費分担金、在韓米軍と連携されることは無いだろうと見ています・・>

https://news.v.daum.net/v/20191114211220926

 

しかし、別にこの件だけでなく、韓国関連でよく出てくる問題ですが、なんでいつも「問題無いでしょう」だけで、「相応の衝撃があると考え、備えています」とは言わないのでしょうか。常識的に、在韓米軍、韓米同盟と連携しないはなずが無いでしょうに。

元・ホワイトハウス東アジア太平洋担当上級部長のデニス・ワイルダー氏が8月3にボイス・オブ・アメリカに話した内容ですが、「GSOMIAは、米国が数年も苦労してせっかく韓日が締結するようにした協定だ」、「米国は象徴的にも実際の運用面でも非常に重要視する協定を、韓国政府が無関心に地面に叩きつけたことに、米国は衝撃を受けた」、とのことでして。

文在寅大統領としては、決心を「変える理由が無い」とも言えます。世論もGSOMIA破棄を支持しているし、市民団体も「GSOMIA延長は安倍政権へひざまずくことだ」とか言ってますし、彼が夢見る連邦制統一たる「未来志向」のためにも、GSOMIA破棄は必要です。

そう、韓国が日本に対して言う「未来志向」がいつもとんでもない方向を向いていたのと同じく、今の方向性は文大統領が信じる韓国と米国の目指すべき「未来」に向かっているのかもしれません。

未来志向、恐るべし。

※明日(15日)、午後まで更新できません。遅くても夕方までは更新致します。

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5