韓国大統領府「例え韓米同盟に問題が出来るとしてもGSOMIAは終了」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国大統領府は、いままで「GSOMIA終了(破棄)しても韓米同盟には何の問題も無い」というスタンスでした。でも、今日(19日)、韓国大統領府関係者が「韓米同盟に問題が出来るとは思ってないが、もしそうだとしても、GSOMIAは終了」と話しました。余裕が無くなった、といったところでしょうか。

公式発表ではなくマスコミとの通話でのことではありますが、大統領府が「GSOMIA破棄は日韓の問題ではなく、韓米の問題だと認識していた」、そして『事前に悪影響を知っていて、それでも破棄した』と認めたことにもなります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了日が4日後に迫った19日、大統領府はGSOMIA終了の影響で「韓米同盟の亀裂」が来るのではないかという一部の懸念について「たとえそうだとしても、それは今後補完していかなければならない宿題だ」と、日本の変化が優先だとするGSOMIA「原則論」に基づいて、退く考えがないことを明らかにした。

大統領府の関係者はこの日ニュース1との通話で「現韓米関係は以前に比べるとやりすぎだと思うほどよく疎通している」、「特に情報共有的な面は、今も米側の複数のユニットととてもうまく協力できている」と述べた。

続いて「前職米側関係者などを介して複数の懸念報道が出てきているが、我々はそこまで(韓米同盟に亀裂があると)考えていない」とし「もしそのようなことがあったとしても、それは私たちが補完していかなければならない宿題だ。GSOMIA終了の原因が解消されなかったのに、立場を変えるわけにはいかない」と強調した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191119120514819

 

前からそうでしたけど、文大統領が「ウォンチック(原則)」を言い出してから、韓国公職者たちのGSOMIA関連発言は「結果ありき」感が半端なく強くなりました。

前にも書きましたが、韓国が言う原則とは、「自分たちの正義」と同じ意味でしかありません。

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5