駐韓米国大使「韓国が過去歴史問題を安保領域に拡大させた」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

短い更新となります。

駐韓米国大使ハリス氏が、GSOMIA破棄の件で『韓国が、過去歴史問題を安保問題にまで拡大させたことに失望した』と話しました。

いままで米国側から様々な「圧迫」発言があり、失望したという発言も初めてではありませんが、「韓国が『過去歴史問題』のせいで安保問題(GSOMIA破棄)を起こした」という言葉が出てきたのはこれが初めてではないでしょうか。

YTNの記事、短いので全訳してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ハリーハリス駐韓米国大使が、韓日軍事情報保護協定GSOMIAに関し、韓日歴史問題が経済的な問題に拡大され、韓国がこの問題を再び安保領域に拡大したと言いました。

ハリス大使は、韓国が過去歴史問題を安全保障の領域に拡大したことに対して失望したと話し、まだGSOMIA終了までの期限があるので機会があると主張しました。

防衛費分担金協定と関連しては、年内妥結は理論ではなく実質的に可能だとし、韓国側が善意を持って誠実に準備した状態で交渉の場に戻ってくるべきだと強調しました。>

https://news.v.daum.net/v/20191119203004918

米国が強調する日米韓安保協力、いわゆる三「角」同盟のことですが、その観点からすると、この「韓国が過去歴史問題を安保領域まで拡大した」が、もっとも核心となります。個人的に、GSOMIA関連で出てきた発言の中で、もっとも的確なものだと評価できます。

韓国としてはもっとも耳にしたくないことだった、とも言えましょう。

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5