韓国与党スポークスマン「これは個人的な発言だが、ハリス大使は傲慢で無礼だ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

公職者に「個人的な発言を一言も言うな」というのは無理でしょう。でも、与党のスポークスマンが、しかも公式ブリーフィングの後に記者たちに話したことを「個人的な発言だから」と言い訳するのは・・・どうでしょうか。

韓国の与党「共に民主党」のスポークスマンが話した「個人的なこと」が、一部(本当に極めて一部)で話題です。

もっとも大事なことは「どんな内容を言ったのか」でしょうけど、その内容もまたずいぶん幼稚なものでして。

ニュース1の記事からまとめてみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・「ハリー・ハリス駐韓米国大使はあまりにも傲慢だ」

・「これまで大勢の大使と会ってみたけど、こんな無礼な人は初めてだ」

・「私は言った。ハリス大使がいる限り、米国大使館にご飯を食べに行かないと」

・「ハリス大使は外交官ではない。ヴィンセント・ブルックス元駐韓米軍司令官も軍人出身だったけど、彼は本当にスマートだった」

・「ムン・ジョンイン教授(※文正仁氏、外交部門の大統領特別補佐官)が駐米大使になれなかったのも、ハリス大使がいろいろやったせいだ。自由韓国党の議員たちがボルトン前ホワイトハウス国家安保補佐官とハリスの大使を動かした」

・「中国では、将軍出身の政治家に会ってみると、本当にスマートで情報も多い。しかし、ハリス大使は、本当に、軍人出身(※スマートじゃなくて情報も無い」という意味でしょう、多分)」

https://news.v.daum.net/v/20191120172019037

 

なんというか、「ハリスっておかしくね?」と個人攻撃しながら、まわりに同意を求めているだけのように見えます。

ちなみに、「◯◯んちにご飯食べに行かない」は、その家の主がご飯を用意して待ってくれても、それでも行かない、すなわち「もうお前なんかと親しくしない」という意味になります。大使館にご飯食べにいくこともそうそう無いと思いますが。

で、最後のこの一行が本題ですが・・この時点でこんなこと言って、何の得があるのでしょうか。

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5