MBC「文大統領は『韓国は日本に裏切られた』と明らかにした」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

この前の、「ファンミーティング」と呼ばれた文在寅大統領の「国民との対話」。そこで文大統領が次のように話しました。

『日本の安全保障にいうて、韓国は防波堤の役割をしているわけです。ところが、日本は、韓国を安保上信頼することができないことを、輸出規制の理由にしました』。

そこで、番組を放送したMBCは、「これは、日本が韓国を裏切ったと大統領が明らかにしたのだ」と報道しました。引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<文在寅大統領は昨日の夜、国民との対話で、韓日の軍事情報保護協定GSOMIA問題に言及しながら、「韓国は、日本の安全保障の防波堤の役割をしてきた」と言いました。

韓国がこのように助けてやったにもかかわらず、安全保障上の理由から輸出を規制し、賊反荷杖(※盗っ人猛々しい、居直り強盗)の態度を見せているとする、明確な警告として解釈されます・・

 

・・昨日の夜、「国民との対話」で文大統領は、日本の態度の変化がない場合はGSOMIA終了を甘受するという意を明らかにしました。韓国が日本の安全保障に重要な役割を果たしてきたのに、日本に実質的に裏切られたという論理を披露しました。

[文在寅大統領]:「日本の安全保障にとって韓国は防波堤の役割をしてきたわけです。ところが、日本が韓国を安保上信頼できないと、輸出規制の理由を挙げました」。

第2次大戦後、冷戦時期に韓国が共産陣営に対抗する最前進基地の役割を担って、日本が得をした、いわゆる「防波堤論」を文大統領が言及したのです。

このように、私たちが日本に支援を与えたのに安全保障の理由輸出まで規制する日本の居直り式論理に絶対屈服することはできないという点を明確にしたわけです。

また、防波堤論は文大統領が米国に送ったメッセージという解釈も出ています。米軍と一緒に、東アジアの安全保障の枠組みを維持するために韓国が引き受けた役割を想起させた、という説明です・・>

http://imnews.imbc.com/replay/2019/nwdesk/article/5608640_24634.html

 

以上、火器管制レーダーを照射したりする不思議な防波堤からの弁でした。

自社の番組だったとはいえ、ちょっと拡大解釈しすぎではないのか・・な気もします。でも、「賊反荷杖」は文在寅氏および韓国が日本に対してよく使う言葉でもあるし、そろそろ「後頭部を殴られた」と言いたかったのかもしれません。

とりあえず、文大統領が防波堤に言及したから、もう韓国側の主義主張に「防波堤論」が出てくる頻度が増えることでしょう。

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5