(※追記終了)GSOMIA延長、韓国側の発表まとめ・・日本は輸出管理を続けることが判明

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

追記・上書きを続けましたが、以下、18時3分から大統領府(政務首席)発表内容(を扱った速報記事)をまとめていきます。18時45分頃、追記完了しました。

・「GSOMIA終了通報の効力を条件付きで停止」と発表

「終了します」という通報の効力を停止するという意味だから、結果的には延長となります。「条件付き」の意味は、「いつでも韓国がGSOMIAの効力を終了できるとし、日本政府も理解を示した」ことだ、とのことです。ただ、これが『理解を示した」で可能なことなのかどうかはよくわかりません。

・日本に対するWTO提訴手続きを中止すると発表

一部で提訴中止という話もあるが、別ソースによると、「提訴そのものを取り消したものではなく、1審手続きを保留しただけ」とのことです。

<・・「日本の輸出規制をWTOに提訴した状況は維持する代わりに、1審パネル設置要請は保留する」と説明しました。(※韓国の)経済部は、日本側と「輸出管理政策対話協議体」の構成に合意しており、双方の代表は産業部(韓国の経産省)と経済産業省局長級で暫定議論した、と明らかにした。これと関連し課長級実務協議も早速推進する付け加えました・・>

https://news.v.daum.net/v/20191122181228998

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・日韓両国は、それぞれのやることを同時に発表することにしたとのこと

そもそも韓国側が『提訴を維持する』ということは・・日本の輸出管理見直し(韓国で言う輸出規制)は続く、という意味になります。この点、日本側の会見内容は次のようです。

<韓国向けの輸出管理を厳しくした措置をめぐって、経済産業省は韓国の当局と局長級の政策対話を行う方針を明らかにしました。韓国が輸出管理の改善に向けた意欲を示していることから、政策対話を行うことにしたと説明しています・・>

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191122/k10012187611000.html

 

局長級の政策対話、韓国で言う『局長級会議』は、3年以上開かれていません。それを再開する、すなわち「これから話し合いを続ける」ということになります。

韓国側は、この件で「日本が、輸出規制の解除に向けての話し合いに応じることにした」としています。しかし、日本側の発表・会見にそのような内容は、いまのところ見当たりません

18時11分時点での時事通信の記事ですが、<日本政府関係者は22日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)をめぐる韓国政府との調整の結果について、対韓輸出管理の厳格化措置に変更はないと語った。また、輸出管理に関する世界貿易機関(WTO)での2国間協議を日韓の貿易当局間の議論に戻すと説明した。>としています。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112201022

WTOの部分が当たっているので、信憑性が高いと言えましょう。

 

18時40分時点での情報をまとめたところ、どう考えても韓国の一人負けです。

しかし、韓国与党は「原則を重視した文大統領外交の勝利だ」と声明を出しました(どこがどう勝利なのかはわかりませんが、とりあえずURLだけ乗せます)。

https://news.v.daum.net/v/20191122183252472

 

明日にはまた明日の記事が載るでしょうし、情報は続けてチェックします。ただ、本エントリーの更新・追記はこれで終わります。

一時は「条件付き」という部分が気になって、日本が何か譲ったのか心配しましたけど、いまのところ、そのような内容は無くて、一安心です。

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5