韓国「GSOMIA、日本に最終案を投げた」・・と言いつつ「日本の追加規制」を警戒

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ジーソミアさん、いよいよ今日限りとなりました。日本は「韓国に繰り返し決定の覆しを要求している」と、韓国は「日本に最終案を投げた」としています。

まず韓国SBSですが、こういう報道がありました。

<韓日軍事情報保護協定、GSOMIA終了時点が現在17時間しか残っていないものの、日本の輸出規制撤回の兆しはなく、日本が変わらない限り、GSOMIAを終了するという韓国政府の立場にも変化がありません。もちろん終盤に逆転する可能性は残っています。政府関係者は、昨日(21日)、日本に私たち側の最終案を投げ、答えを待っているとSBSに明らかにしました・・>

https://news.v.daum.net/v/20191122070906936

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

でも、日本政府の反応はどう見ても「最終案を投げつけられた」とは思えません。いつもと同じです。

<・・日本政府は、外交当局間の水面下の協議を通じ、韓国が終了決定を覆すよう強く要求しており、韓国の対応の変化を最後まで把握する方針だと、日本のNHK放送が22日報じた・・

・・菅義偉日本官房長官は「輸出管理の検討は、軍事転用の可能性がある貨物と技術貿易を適切に管理するために、国際ルールに基づく必要な運用の見直し」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20191122092926320

韓国側は「最終案」というけれど、何も目新しいものではなく、いつもどおり「輸出規制(輸出管理見直し)とGSOMIA終了(破棄)をセットで解決しよう」というものでしょう。

 

一部のメディアは「まだ韓国政府も最終的な決定を下したわけではない」としていますが、これもちょっと違います。

東亜日報によると、昨日、韓国のNSC(国家安全保障会議)では、GSOMIA破棄の後に「日本が追加で輸出規制してくるのではないか」という内容を話し合いました。

<・・チョン・ウィヨン国家安全保障室長はこの日(※21日)午前、国家安全保障会議(NSC)常任委員会の会議を主宰し、GSOMIA終了後、日本の追加規制の可能性などを検討して対応策を議論したと伝えられた。この日の会議には、日本の輸出規制対策を担当するソン・ユンモ産業通商資源部長官が出席した・・>

http://www.donga.com/news/article/all/20191122/98483679/1

これといって「オチ」も思いつかないし・・もう残ったのは、0時になるのを待つだけかもしれません。

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5