日本製品不買で韓国ブランドを買ったのに、中から「ユニクロ」ロゴが登場

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

日本不買運動に参加するために韓国ブランドの服を購入したあるユーチューバーが、ある動画を載せて騒ぎになっています。

純国産ブランドであることを強調してきた韓国のM社の服を購入したユーチューバーのA氏。

A氏は首(うなじ部分)にギザギザする感じを嫌うため、いつも服を買った首辺りのロゴタグを剥がしました。

今回もM社の服のロゴタグを剥がしたら、なんと、その中からユニクロロゴが出てきました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

画像キャプチャー&内容ソース:ニューシース

https://news.v.daum.net/v/20191122111301374

 

※以下、ユーチューバーの方もメーカーの方も、本ブログで紹介されたとして喜ぶはずはありませんし、一応ユーチューバーの方は「A氏」、メーカーは「M社」にします。原文記事は、社名などを伏せていません。

<・・A氏は映像で「M社の服を購入し、肌に商標が触れるのが嫌い剥がしたら、中にユニクロの商標があった」、「ユニクロをボイコットするためにM社の服を買ったのに、裏切られた気分だ」とした。映像は、A氏がM社側と接触して抗議する内容も入っている・・

・・M社は公式ホームページに掲載した「購買者の皆さんに謝罪の言葉を申し上げます」という謝罪文で、「本社の販売政策や意図にかかわらず、これらの事故が発生してお客様に心の不快感や誤解を与えてしまい申し訳ありません」とした。「昨年10月、ベトナムにある工場で衣類を輸入し、ラベルもMADE IN VIETNAMと表記されており、品質には異常がなかったので、そのまま輸入を進めた」と述べた。 「ユニクロが何らかの事情で所有権を放棄したものであり、問​​題になった製品は、ユニクロ商品ではない」とも主張した。

M社は引き続き「M社がこれらの製品を皆様に提供しながら、衣類のタグだけ変えたとか、ユニクロと何か関連があるという疑いや誤解はやめてください」・・(略)・・と釈明した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191122111301374

 

M社は、商品を全量回収、販売された1万枚分は全額返金、および反省の趣旨で1万枚分の売上高の全額を寄付することにした、とのことです。

コメント欄では「何かの理由でユニクロの基準をクリアーできなかった商品を安く買い取っただけだろう」という批判が多く目立ちます。

万が一にも「ユニクロと関係ある」と思われたら終わりだ・・という圧迫感が半端ないように見えます。それはそうですね。韓国社会でNO JAPANに逆らうなど、自滅行為ですから。

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5