今度は「1~2ヶ月」?

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

同じく「大統領府関係者」の弁ではありますが、韓国が「何ヶ月も見守る気はない。日本との協議に進展が無いとGSOMIAは終了だ」と話しました。また、米国が「更新」としたのも、事実とは違うとと。結局、「真実を話しているのは韓国だけだ」という主張になります。

初めてこの「いつでも終了できる」という話が出てきた時から疑問でしたが、これ、本当に出来るのでしょうか。

「言った言ってない言った言ってないー」な話にもそろそろ飽きてきたところですが、別のニュースが目に入らないのも事実。MBCニュースから部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・大統領府が、輸出規制原状回復のための韓日交渉で進展がなければ、GSOMIAを終了する立場を再び明らかにしました。

それでは、どれだけ見守るのかですが、その期限を置いて、数ヶ月も待つ気は無いと強調し、1~2ヶ月程度見守るとの観測が優勢です。

大統領府の関係者は、MBCとの通話で「日本との協議が進展しない場合、GSOMIAは終了されるものであり、協議の期限は長く見ていない」と言いました。「長く見ないというのは、どれくらいの期間なのか」という質問に「数ヶ月も引きずるつもりは無い」としました。

 

この関係者は、米国国務省がGSOMIAを「更新」されたと表現したのも、事実と違うと一蹴しました。

「終了通知」の効力を停止させたものであるだけだ、私たちが判断した場合、いつでも終了が可能だという説明です・・>

https://news.v.daum.net/v/20191125194643398

今度は「数ヶ月は引きずらない」です。先は「30日」だった気もしますが、あれは何だったのでしょうか。普通、1つ前のエントリーの話(30日)が本当なら、「数ヶ月も待たない」とは言わないだろう・・な気がします。

とりあえず、30日の話は1ヶ月待ってみれば分かることだし、この話はそこからさらに1ヶ月待ってみれば分かることでしょう。

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5