(※追記しました)経産省、韓国の抗議を否定・・「事前にすり合わせた内容の通りに発表した」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

日本語記事ということもあって追記にしようかとも思いましたが、1つ前の該当エントリーはそこそこ長かったしコメント数も多いので、新規にしました。

NHKの報道によると、経産省は昨日の韓国側の発言を否定しました。「韓国側の主張は、遺憾だ。このままでは信頼関係を失いかねない」とも。

部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日韓の貿易管理に関する政策対話の再開をめぐって、韓国大統領府の関係者が24日、日本側の発表内容が「事実と異なる」として遺憾の意を示したことに対し、経済産業省は発表した内容は事前に韓国側とすり合わせたものだと反論しました・・

・・経済産業省の幹部はNHKの取材に対し、22日の記者会見の後、韓国側の問い合わせに応じて発表内容を詳しく説明していたと述べ「韓国側の主張は、遺憾だ。このままでは信頼関係を失いかねない」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191125/k10012189861000.html

 

経産省の公式ツイッターはこちら↓です。25日朝10時の時点ではこれが最新です。

 

また、もっともお不自然な点の1つだった「日本側が謝罪した」という内容ですが、こちらも否定しています。こちらも日本語記事(読売新聞)となります。

<・・鄭(※チョン・ウィヨン)氏は、韓国の抗議に日本側から謝罪があったと主張したが、日本の外務省幹部は取材に対し、「そのような事実はない」と否定した。韓国内では、GSOMIA失効回避に応じたのは一方的な譲歩だとの批判もある。日本に抗議することで、国内の批判をかわす狙いがありそうだ。

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20191124-OYT1T50144/

 

※追記※

菅官房長官も否定した、とのニュースがありました。同じく日本語記事(共同)となります。

・(菅義偉官房長官)「政府として謝罪した事実はない」と否定した

・(経済産業省)「(発表した内容の)骨子は、韓国政府と事前にすり合わせた」と反論、歪曲はしていないと強調した

・梶山弘志経産相「韓国側の発言は承知しているが、生産的ではないのでコメントは差し控える」、日本の謝罪についても「そういった事実はない」と指摘した

https://news.infoseek.co.jp/article/kyodo_kd-newspack-2019112501001338/

案の定、韓国側は「確かに謝罪を受けた!」としており、『したしてないしたしてない』の連鎖が始まったようです。

じわじわと成長して10~12%の政党支持率を持つようになった韓国の極左政党「正義党」代表は、GSOMIA条件付き終了停止(ややこしい)の件で、珍しく強い論調で文大統領を批判、「(いつでも終了できると言ったから)いますぐGSOMIAを終了しないといけない」と文在寅大統領に要求しました。

それは、ま、合意内容と違うなら、いますぐ終了すればそれだけの話ではあるのですが。

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5