「公式抗議して来ないから、日本は謝罪を認めたのだ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

日本政府は「韓国の抗議は国内用」としながらも、冷静な対応をしている、とのことです。しかし、韓国側は「日本側が公式に抗議してこないのが、日本が謝罪した証拠だ」と主張しています。

本エントリーは二つの記事をソースとしますが、まず、ニューシースの記事より部分引用します。

<日本経済産業省(経産省)の歪曲発表をめぐり議論が高まっている中で、日本政府は、韓国の「抗議」に対して批判を自制し、冷静に対応する方針だと、日本のマスコミが報道した・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・日本側は韓国の指摘を「抗議」として受け入れている。時事通信は、日本政府は、GSOMIA失効を回避した韓国政府の決定自体は一応評価している。しかし、「抗議は韓国文在寅政権の国内の反発を避ける目的があるものとみなし、(韓国に対する)批判は得策ではないと判断している」と伝えた・・

・・(※菅義偉官房長官も)日本が謝罪したという韓国の主張を否定した。GSOMIA終了通知の停止は、暫定的な措置という韓国の見解については、「もし終了する場合、十分な協議が行われなければならない」と述べた。通信は、韓国に対する批判が「最低限にとどまった」と分析した。日本政府関係者は「韓国側の発信(抗議)は国内向け」とし、あえて相手にしない考えを示唆したと通信は伝えた。

26日読売新聞も、日本政府高官を引用し、日本政府が「韓国政府は、国内世論の動向に神経質になっているだけ」という立場で、冷静に受け止めていると報道した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191126085330123

 

しかし、聯合ニュースは、日本側が謝罪したことが「確認された」としながら、こう書いてあります。

<・・青瓦台のこのような立場を日本側が否定したという報道が出て、ユン・ドハン青瓦台国民疎通首席は25日、書面ブリーフィングで、「日本側は明らかに謝罪した」とし「日本側が謝罪したことがないなら、公式ルートを通じて抗議してくるはずだ」と強調した。これと関連し、外交筋は26日、聯合ニュースとの通話で「日本政府から韓国の指摘に対して正式に抗議が入ってきたのはないと聞いている」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20191126110821812

 

韓国では、抗議ではなく指摘(間違いを指摘する、という意味で)となっている、とのことですが・・

8時の記事(ニューシース)に「菅官房長官が否定した」という内容がちゃんと書いてあるのに、11時の記事(聯合ニュース)に「日本政府が否定した」という内容が無いのは、さすがに違和感ありありです。

どのみち、ちゃんと問題視しないと、韓国は「日本が認めた」と主張し続けるでしょう。

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5