コンジョン

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

この前に紹介した文在寅大統領の「国民との対話」ですが、どうやら本当にファンミーティングだったようです。

文大統領の後ろに座っていて(すなわち、画面に頻繁に顔が出て)いた50代の人が、文在寅氏のファンクラブの核心メンバー、HN「白頭」だったことがわかりました。

白頭山は長白山のことで、韓国の国歌にも出てきたりします。しかし、韓国より北朝鮮で聖域化され、金日成氏のいわゆるロイヤル・ファミリーを「白頭血統」と言います。文大統領+白頭となると、どうしても北とかレッドとかそんな方向に思ってしまうのは、私だけでしょうか。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<去る19日、ムン・ジェイン大統領が出演したMBC「2019国民との対話」にて生放送中最も画面の重要な位置に映っていた人が、文大統領ファンクラブ「ムン・ファン」の主要メンバーキム某だと確認された。パネル選定の公正性論議が再び浮上する見通し​​だ。

この日の談話は、午後8時から2時間続いた。文大統領を正面から撮影したシーンが一番多く、文大統領の右肩の後ろに座った人がキム氏であった。 50代キム氏以外は20〜30代の青年層だった。キム氏は中小企業の役員でムンファンで「白頭」というニックネームで活動してきた。ムンファンは、文大統領が大統領選挙前に公式訪問したオンラインファンクラブである・・

 

・・金氏は、この日の放送中、文大統領の言葉を聞きながら、うなずく姿がよく映った。ソウル某大学の新聞放送学科教授は「文大統領が映る画面が、周辺を20〜30代の若年層の男女5人と、白髪の中年キム氏を含む6人で構成されている」、「大統領に各界各層が好感を示すのように見せる、典型的な画面だ」と分析した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191126055045463

 

例の番組、300人の国民パネルを選ぶのに、1万6000人以上が応募(申請)していたそうです。しかし、その中で質問者と選ばれた17人のうち、MBCが確認しているだけで4人が民主平和統一諮問会議(大統領諮問機構)の諮問委員だった、とのことでして。他にも、文大統領と一緒に写真を撮ったことがある人などが選ばれた、とも。

大統領府は「本当に何もしていない。具体的なことはすべてMBCがやった」としています。

別に、こんなふうに番組を構成しては絶対にいけない・・かどうかは微妙だと思っています。でも、この番組もそうですが、韓国社会、特に文政権がアピールする美徳の1つが「公正(コンジョン)」です。その「公正」の一面が見えてきたような、そんな気がしてエントリーしてみました。

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5