韓国大学教授「附倭奴(親日派)は国家保安法で処罰できる」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国の大学教授が、韓国で言う「強制徴用」や「慰安婦問題」を否定する人たちを「附倭奴(ブウェノ、日本と内応して韓国に害を及ぼす奴隷ども)」とし、国家保安法で十分処罰が可能だと主張しました。

東国大学政治外交学科のファン・テヨン教授の主張で、氏は 新日 親日活動を反国家活動だと言い切っています。教授は他の複数の教授とともに「日帝種族主義」という本を出したりしました。

ファン教授は、ブウェノについてこう説明します。「倭奴の手先が正確な表現だが、本に書くには適切じゃなかったのでブウェ(倭国に付いて国を害する人)に『人にも及ばない奴隷』という漢字を加え附倭奴と呼ぶことにした」。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

教授は、韓国は反日民族主義で生まれた国であり、附倭奴たちの活動は反国家活動だとしたうえで、「安倍内閣に内応する者たち」としながら、国家保安法で処罰できると主張しています。

<・・学問の自由があると言うけれど、彼ら(※教授の主張する附倭奴たち)はすでに学問ではなく政治活動をしています。法で彼らを処罰し、再び彼らのような人たちが出ないようにする必要があります・・

 

・・附倭奴は独立有功者を侮辱し、憲法の精神に違反する言葉を吐き出します。政治的葛藤をもたらして国家基礎を揺さぶります。彼らを罰する必要があります。現在、国家保安法によって処罰することができますが、別の法律が必要です。親日・附倭・反民族行為を禁止する法律が作られるように雰囲気を造成することが、私たちが書いた日帝種族主義の最終的な目標です・・>

https://news.v.daum.net/v/20191025030357913

同意できる内容は1ヶ所だけ。「韓国は反日民族主義から生まれた国」という部分だけです。

ブウェノアリーのブログへようこそいらっしゃいました。

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5