韓国国会議員「日本からも『文大統領は従北左派に囲まれていると聞く』と言われた」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

この前、ハリス大使が韓国国会議員たちに「文在寅大統領は従北左派に囲まれていると聞くが、どう思うのか」と聞いたことが明らかになり、韓国では大きなニュースとなりました

ですが、日本の外交官も同じことを聞いていたとする話が出てきました。

この件を話した韓国与党の国会議員は、「自由韓国党が日米に『文在寅大統領周辺に従北左派』話を広げている」と主張しています。いや、そういう問題じゃないと思われますが・・聯合ニュースの記事から部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ハリス駐韓米国大使の「ムン・ジェイン大統領が従北左派に囲まれているという話がある」言及が論議になっている中、最近、日本の外交官も与党議員に会って似たような趣旨の発言をしたという主張が出た。

共に民主党イ・ソクヒョン議員は3日、フェイスブックに文を載せて「米国大使が「文大統領が従北左派~」と尋ねたというの記事にびっくりした」、「この前、日本の外交官から同じ質問を受けたからだ」という。

イ議員は「日米の外交官は、どこでこんな言葉を聞いたのか」、「自由韓国党の『総選挙前の北米協議自制要求』と無関係ではないだろう」と主張した。

※ナ・ギョンウォン前院内代表が米国のポンペイオ長官に『米朝会談が総選挙と時期が重なると政治利用される恐れがある』と話した件※

 

続いて「やっと政権半ばなのに、国外より国内から風が激しい」と指摘した。これと関連し、イ議員は聯合ニュースとの通話で「これは偶然ではなく、韓国党が広めいると思われる」とし、外交街でこのような発言が続く背景に韓国党があるではないかという疑惑を提起した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191203183608617

言いつけるのは、(右も左も)韓国外交の特徴ですから確かにそうかもしれません。でも、米国ならともかく、自由韓国党の議員『だけ』で日本の議員たちと話し合うことって、最近あまり無かったのでは?

誰かがわざわざ広げなくても、文政府の日頃の行いだけでも「文在寅大統領って従北だな」と思うことがあるでしょう。

でも、さすがにそんなふうには言えないから、日も米も「文大統領って、従北左派(ですよね、と言いたいけど)に囲まれているとかそんな話もありますけどね~」と話したのではないでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5