文正仁特別補佐官、ついに国際会議で「韓国は中国の核の傘に入ったらどうか」と話す

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

いままでも反米発言が目立った文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官ですが、ついに「在韓米軍が撤収したら、韓国は中国の核の傘に入ったらどうか」と話しました。昨日、すなわち中国の外相にあたる王毅外交部長が韓国に来ていた時点での発言です。

朝鮮日報の記事から、部分引用してみます。

<ムン・ジョンイン大統領統一外交安保特別補佐官が4日、「もし北朝鮮の非核化が行われていない状態で、駐韓米軍が撤退すれば、中国が韓国に核の傘を提供し、その状態で北朝鮮との交渉を進めるのはどうだろうか」と主張し、議論を巻き起こしている。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ムン特報はこの日、国立外交院外交安保研究所が開催した国際会議で、このような突発質問を中国側の参加者に投げた。ムン・ジェイン大統領の安保特別補佐官であるムン特報の言葉は、大統領の意志と受け止められることもありえる。そんな中、在韓米軍の撤退のシナリオを予想し、中国に安全保障を任せればどうかと質問したのだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20191205034903714

ついにここまで言うようになったか・・と、ある意味、感慨深い(悪い意味で)ものです。思えばムン特補、本ブログで「ムン2号」と紹介されるようになってから、ずっとこんな発言ばかりでした。

 

また、あまり話題にはならなかったものの、ムン特別補佐官は先月25日、JTBC「ニュースルーム」に出演した際にも、「在韓米軍兵力を5000〜6000人削減したところで、韓米同盟の枠組みや対北朝鮮軍事抑止力に大きな変化は無い」、「最終的には、過去70年の間に築いてきた、信頼できる同盟としての米国という『絵』が壊れてしまうなら、私たちも、他のことを考えなければならなくなる。今はまで答えを言うことはできないが・・同盟が私たちの目的ではない。同盟は、私たちの国益のための手段だ」と述べました。

韓国経済はこの件を紹介しながら「韓米同盟破棄と思われても仕方ない発言」と指摘しています。

https://news.v.daum.net/v/20191205164903676

ムン・ジョンイン氏・・大統領特別補佐官の中でも「統一安保外交」分野の特別補佐官だということがまた傑作ですが、実はこの人、駐米韓国大使になる予定でした。実現はしませんでしたが。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (176)

95 Replies to “文正仁特別補佐官、ついに国際会議で「韓国は中国の核の傘に入ったらどうか」と話す”

  1. まるで、ネットパヨク並みの軽いノリの無責任な発言ですね。
    ただ、思いついた事を、前後の見境なく喋っているだけです。
    ネットパヨクなら、『バカ』の一言で許されますが、政権担当者は、それだけでは済みません。(理解出来てないか!)

    最近、つくづく感じるのですが、現在のムン政権は、ネットパヨク並みの素人集団では。
    発想と発言と行動が全く同じレベルです。

  2. アホやのう。米国と中国、どちらにとってメリットがあるか(自陣内に入れておきたいと思うか)考えたことがないのだろうか?
    米国にとっては、アジアへの橋頭堡であり、中国・ロシア・北朝鮮への押えになる位置なのだから、当然、それなりに現在でも優遇してくれている。感謝しろよ。
    中国にとっては、端っこのお荷物にしかならない。下手すりゃ人畜扱いだろうが。
    結局、自分の置かれた位置に自覚のないリスカブス。

  3. 韓国の(採ろうとする)行動を予測するのに、一つの指標がある。

    それは、選択肢では(自分が脅かされない状態では)必ず日本に不利な選択肢を選択するということだ。

    わたしは、韓国がレッドチームに行ってくれれば勿論大喜びするけど、そうはならないだろうね。

    過去に学べば、寧ろフラフラ混乱に混乱を起こしたあと、何故か突然日本に縋りついてくる。こうやって日清戦争は起きた。

    韓国が外交権を日本に取り上げられたのは、そういうことを続けて、日本人が大勢死んだからだ。
    韓国の戦略は、日本と大国を争わせ、日本を下にすることが正しいのです、決して自分からは戦いを挑んで来ない国ですから。

    1. 米国が問題とするのは、ブルーチームにいながら裏切ろうとする行為です。

      韓国側の思惑としては、米国側にいれば、中国に秋波を送り、餅をもらい、中国側にいれば、米国に近寄り餅をもらおうとするでしょう。
      思惑としてはそうでも、中国はそうした韓国の行動を読んだ上で、手足を一本ずつむしっていくでしょう、ということ。
      今のところその手足は米国に守られているだけで、今後の米国の出方によってはどうなるかわからないのです。
      米国が素直に韓国という国を手放すか否かです。

      韓国側の思惑がどうであれ、米が離れれば、中国圏に呑まれていくのです。
      (そこで米にすがろうが、離れるという選択を米国がした場合は、その意思(戦略)は覆らないのです。)

    2. だからさ、「ななしのしん・だんこーろん」を発表してくれよw
      楽しみに
      待ってるんだよ。

      韓国の行動を予測できる七誌くんなのだから、日本がどうすべきかの対策も立てられるってわけだ。
      さすが韓国を理解されてらっしゃるお方は違うな!

      サワリだけでいいんだ、毎回テーマを決めて、どういう「だんこー」をすべきか、語ってくれたまえ。

      1. 発表されたら、
        総ツッコミ、、でなくw感想を是非、アナタも知りたいだろうから、書かせていただきたい!
        まさか、我々のような「馬鹿なネトウヨ」の反論に耐えられない「だんこーろん」なんてことはあるまい!
        それはそれは、微に入り細に入り、綿密な考証、思考実験を経て、韓国人の行動を完璧に予測した上で、練られた「だんこーろん」なのであろう!

        ぜひ、拝読したいものである。

        1. こういう案はどうでしょうか?

          1.七誌を南朝鮮に送り込む
          2.得意の口八丁で南朝鮮の大統領になって貰う
          3.七誌本人から日本との無条件断交を発表して貰う

           但し、七誌が兵役拒否して日本に居る在日の場合、南朝鮮に入国すると2年間の兵役につかねばならず、その分、念願の断交は遅れてしまう
           しかし、少なくとも、その間は七誌得意の「ネトウヨはホルホル云々や日本の一人負け云々」を目にしなくて良い(笑)

           おーい、七誌~、好きなだけ唐辛子を持たせてやるから、南朝鮮に行って大統領にならないか~
           
           七誌君、是非、君自身で念願の断交を達成してくれ給え
           きっと、奇特なファンが君の不在を寂しがるだろうが…

  4. 日本に対しては
    歴史が~ニダ、歴史が~ダニ……

    (・∀・)と、五月蠅い人種ですが
    本当に歴史から何一つ学ばないのが
    韓国人って奴ですねぇ

  5. この際三不の誓いに追加して毎度後頭部を九回殴ってもらう、三不九後頭の礼で仕えてね。

  6. 住宅ローンの借り換えじゃあるまいし、そう簡単に乗換出来るわけがない。

  7. 中国がタダで傘を差しかけてくれるわけもなく、自分からしっぽを振って行ったら足元見られるだけだと思うけどな
    アメリカよりぼったくられるかも…とは思わないのか

    1. そうです。
      現にパンダ貸すのにどんだけ、ぼったくるのか。

      生まれた子供は返さなくてはいけないし、借り賃はおっそろしく高い。核なんて、身ぐるみはがれるよ。チベットになります。

  8. アメリカは確かに傲慢な国ではあるし。
    強欲な存在だが
    一応、国際的な取り決めとか守るが
    しかし中国はそれすらないからな
    中国の影響下に入っても、良い事など無いと思うがね
    まあ、勝手にしろって感じ

    1. アメリカ:出来ない約束はしない。不利な約束もしない。した約束は可能な範囲で守る。自分と仲間の利益が優先。

      中国:約束はする。不利な約束はしない。ただし守らない。自分の利益が優先で仲間は搾取対象。

      トランプ大統領のアメリカでは仲間の利益の優先度が下がっているけどそれでも中国よりはマシですよね

コメントは受け付けていません。