日本の韓国人教授「韓日関係悪化を煽る日本番組の情報源は、朝鮮・中央・東亜日報だ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国で言論関連フォーラムがありました。基本的には「日本の各メディアが嫌韓を扇動している」「日本のメディアは韓国より国内に関心を持つべきだ」などの意見が多かったですが、その中で特に気になる部分がありました。

韓国にはジョジュンドンという言葉があります。朝(ジョ)鮮・中(ジュン)央・東(ドン)亜日報のことです。基本的に「3紙は保守右派系列だ」と話すときによく用いる言葉ですが、政府批判が多く、「日本が喜んでいる」「売国新聞だ」という主張もあります。韓国が大統領府自ら「朝鮮日報・中央日報が売国的な題で日本語記事を出している」と話したこともあります。

今回のフォーラムで、また同じ主張が出てきました。日本の番組(ワイドショーなど)で紹介している内容のほとんどが、朝中東の日本語版記事から引用したものである、という内容です。話の流れ的に、「3紙の記事が嫌韓の情報源になっている」というニュアンスになります。

韓国関連ブログ書いていると、朝鮮、中央、東亜日報の記事も「たまに良い指摘がある」位しか思わなくなるものですが・・(苦笑

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・日本のメディアが、我田引水(自分に有利に勝手に解釈する)解析、日本政府の立場を中心と発表ジャーナリズム、感情的な韓国と理性的な日本という枠作りを基に韓国関連報道をして葛藤を煽っている、という批判が出た。

4日、「韓日葛藤解決法のためのメディアの役割」をテーマにした韓国言論振興財団主催のフォーラムで発表者として出たイ・ホンチョン東京都市大学ソーシャルメディア学科教授は、「韓日葛藤関連の日本メディアの報道分析」報告書を出して、「韓日関係悪化は、メディアの責任が大きいという批判が日本でも指摘されている」と明らかにした・・

 

・・イ教授は「放送で紹介している韓国関連情報の多くは朝鮮・東亜・中央日報の日本語版を参照してしている。番組製作陣に、朝中東より良い情報源はないだろう」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20191205090149987

少なくともソース記事で紹介されている内容では、「日本が悪い」メインです。例えば、フォーラムに参加した「アオキオサム前共同通信記者」は、「韓国にも問題があるが、本来、日本の戦争責任、植民地統治の問題もあるという発言をする機会が受け入れられない雰囲気だ」、「日本のマスコミが韓国を扱う情熱を国内問題に向けたら、安倍は歴代最長政権という記録を残すことなどできなかっただろう」と話した、とのことです。「反日を扇動するな」という内容の産経ソウル支局長の話は、最後に少しだけ出てきます。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5