いわゆる「30日説」、全否定される・・経産相「輸出管理は日本が決定すること。16日の局長級対話の議題でもない」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

梶山弘志経産相が、「輸出管理は日本が決定すること」、「(16日の局長級対話で)議題にならない」、「韓国側の改善によっては修正もありえるが、期限とかは考えていない」と話しました。

韓国側がGSOMIA「いわゆる(?)条件付き延長」を決めてからずっと主張してきた、「日本が◯◯日後には輸出規制を解除すると言った」という話を、真正面から否定したことになります。

聯合ニュースの記事、部分引用します。引用部分の用語(局長級協議、輸出規制など)は原文ママとなります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<梶山弘志日本経済産業相は、韓国への輸出規制を修正することは、16日に東京で開催される輸出規制関連韓局長級協議の議題ではないという認識を表明したと共同通信が6日報じた。

報道によると、梶山経産相はこの日、東京で開かれた記者会見で韓国への輸出規制の変更を「(議題として)考えていない」と述べ、16日の協議で、規制問題の結論が出てくる可能性は『ない』と述べた。

 

彼は韓国の輸出規制強化措置を速やかに撤回すべきだとする韓国側の要求について「韓国からの主張や要望はあると思うが、(輸出管理)は、私たち(日本)が決定することだ」と話した。

梶山経産相は局長級協議について「両国の輸出管理制度、運用に関する意見交換を予定している」、「(今現在のの)懸案をどうするとかそんなものではない」と付け加えた。

彼は前日の記者会見では、輸出規制を7月1日以前の状態に戻す必要があるとする韓国側の要求と関連して「従来から述べているが、そのようなこと(韓国側の管理体制)が改善されると、その可能性もある」とし、 「いつまで(修正する)、という期限は無い」と述べている・・>

https://news.v.daum.net/v/20191206144431472

 

とりあえず、韓国側が主張してきた「30日」「40日」などの主張が全否定されたことになります。

詳しくは過去エントリーに書いてありますが、「韓国がGSOMIA終了停止を発表する1週間前に、日本が先に話しかけてきた」、「日本は、韓国への輸出規制(輸出管理見直し)を取り消すまで形式的に1ヶ月はかかると話した」、「韓国は、1ヶ月という期間まで提示した日本の態度から真正性を受け取り、GSOMIA終了を停止した」、「もし日本が今のように手のひらを返す態度を取り続けるなら、いつでもGSOMIAを終了できる。米国もこの件を知っている」、という内容でした。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5