米上院議員「中国に核の傘を頼む?笑わせるな」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

昨日本ブログでも紹介した「ムン2号」文正仁(ムン・ジョンイン)氏の発言に、さっそく米国側が反応しました。一言で「笑わせるな。中国がどんな国かわかっているのか」という趣旨です。

ソース記事「ニュース1」は二人の上院議員のコメントを紹介していますが、本エントリーでは1月までフロリダ州知事だったリックスコット氏の部分を紹介します。自由アジア放送(RFA)での発言です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<リックスコット米国上院議員(共和・フロリダ)が5日(現地時間)、『在韓米軍が撤退した場合、中国が韓国に「核の傘」提供』という文正仁韓国大統領統一外交安保特別補佐官の主張を「笑わせるな」と一蹴した。

スコット議員はこの日、自由アジア放送(RFA)とのインタビューで、ムン特報の発言について、「面白い発言だと思う」とし「中国の行動を見るといい。香港が良い例だ。中国共産党は、香港が中国に返還される前、英国が香港の市民に保証していた基本権を認めていない。中国は中国共産党が治めていることを忘れてはならない」と言った。

 

また「韓国は中国が核の傘を提供すると信じているようだが、共産国である中国が防御してくれる国ってどこにあるのか」と、香港と台湾を取り上げ、「中国は侵略者」と強調した。

スコット議員はまた、最近ドナルド・トランプ大統領が『必要な場合は、北朝鮮を相手に軍事力を使用することもできる』と言ったことについては、「米国が北朝鮮との交渉で軍事力の使用など、すべての選択肢が可能だという立場を維持することが重要である」とし「トランプ大統領の発言は正しかった」と付け加えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20191206091956953

逆に、この件、朝鮮日報などが大きく取り上げているものの、韓国ではあまり話題にならないでいます(今回だけでなく、いままで文正仁氏の問題発言は、何故か話題になりませんでした。大統領府も氏を追及したことはありません)。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (217)

“米上院議員「中国に核の傘を頼む?笑わせるな」” への73件の返信

  1. 白村江の戦いしかり文禄・慶長の役しかり。朝鮮が日本に(一応)勝利した時は必ず中国との連合軍の時だけだからね。単独で負けて中国に助けてもらうというパターン。
    従って日本に勝ちたいと考えるのであれば、中国に頼りたくなるのは彼らにとっては当然のことかも。

  2. 文正仁特別補佐官は民主主義などどうでもいいのでしょう。もちろ ん、それは文在寅大統領も同じです。

  3. スコット議員の発言は良識あるアメリカ人の判断に基づくもの。
    しかしスコット議員は韓国人というものを知らない。
    韓国人の考えることはそのナナメ上をいっている。

  4. ムン2号、3号ともに
    随分と引っ掻き回してくれますねw
    この二人、どちらも政府から放し飼いにされてて自由に言いたい放題な印象ですw

  5. 韓国がほしい核の傘というのは、日本の韓国侵略に対して、日本を懲罰する傘であって、それができるのは、米国ではなく中国なんですね。

    韓国が欲しいのは、日本を懲罰してくれる傘なのですよ。だから韓国は中国と組む。

    1. 懲罰する傘って…
      駅でゴルフの練習してるおっさんのごとく、傘をぶん回してるみたいになっちゃうから、もうちょっと気の利いた表現はないですかね。

      傘の下に入れば、攻撃の対象にならない…代理報復による抑止力のことなんだから、抑止力をつかって懲罰をあたえちゃダメだよね…w
      それじゃまるで、米の傘に降り注ぐ雨の方になっちゃうよね。

      1. まさに朝鮮人というのは、核をヘボリーマンが駅で振り回す傘のように使う。10年前までそういったミサイルが、日本周辺海域に毎年着弾していた訳です。日本は火の海だと。

        彼らは核を、上が下を叩くために神が与えた懲罰と考えているので。だから日本の核武装にだけは絶対的に反対するのです。核を使ってでもね

      1. ミサイル警報が東京に鳴り響き、日本人が右往左往して、日本の株価は下落する。それを見れば朝鮮人は狂喜乱舞するのですよ。ざまあみろとね。

        そういった民族が隣に住んでいる、日本の不幸は中国朝鮮が隣にあることなのですよ。

        1. でも、中身の無い断交で満足するんでしょ?
          隣云々言うなら、存在自体認めるべきではないのでは

  6. >リックスコット米国上院議員(共和・フロリダ)が5日(現地時間)、『在韓米軍が撤退した場合、中国が韓国に「核の傘」提供』という文正仁韓国大統領統一外交安保特別補佐官の主張を「笑わせるな」と一蹴した。

     リックスコットさんは、たたき上げの議員でフロリダ州知事でした。海軍の軍歴もあり、反社会主義の色の濃い人です。ですから、
    反中国の立場の人の意見です。

     文2号の発言が噴飯物だというのは、日米双方の有識者の認識です。中国の傘に入るというのは、韓米同盟を破棄すると言うことですから。日米の常識からすると非常識でしょう。

     ただ離米を主張する左派が存在する韓国では常識的な意見の一つです。そして文2号の発言は、文災害の政策の露払いを担っているという一面があります。従って文災害政権において過去にも文2号の発言が取りざたされたことはありません。

     たとえ離米親中が文災害の目的でも今はその時期ではない。GSOMIA破棄撤回がそれを物語っています。今回の「中国の傘」発言は、文災害の本音であると同時に、米国に対して「無理な要求をするとあっちに行くぞ」という駆け引きですが、完全に米国を見誤っています。

     反対側に行くぞと言う脅しは、いわば関係が崩れてもいいという覚悟でないと逆効果になります。米国の怒りを買うだけです。
     中国は、王毅外相を派遣して韓国にミサイル設備について釘を刺すばかりか既存のTHAAD撤回も要求してきました。いまが掛け金をつり上げるときです。韓国が米国と仲違いすれば韓国はどう料理しようと中国の自由です。

     韓国の間違いは自分たちの主張が行き着くとこまで行ったら関係がどうなるかを全く考えていないところです。自己評価が高すぎるために、最後まで考えなくても相手が折れると信じています。それだけの価値が韓国にはあるのですから。

     米中の板挟みになっている現状を韓国の立場で見ると、決して危機とは思っていないと思います。むしろ、米中がこれだけいじめても味方に欲しい価値のある国だ、すばらしいという逆転の発想をする国です。

     そこで思考が停止して具体策もないまま状況は悪化していきます。米国の要求は体面を保つ程度に削られて呑み、中国には新「三不の誓い」をさせられるのが韓国にとって最悪のシナリオです。問題は、たとえそうなったとしても「それだけの価値のある韓国」に酔えると言うことです。

    1. なるほど、とても分かりやすく理解できました。
      判断を見誤っているにも関わらず、中国と米国を天秤にかけていると酔いしれている韓国。その通りですね。
      まるで、AとBの男性、別にどちらからも思われてないのに、自分のために二人がケンカしてると思い込んで、「私があまりに美しいからだわ」
      と勘違いして酔いしれている女優のよう…
      さすがドラマの国、韓国です。

      1. リプライありがとうございます。

         「けんかをやめて」をカラオケで人気のある女性が歌うと下手でも受けます。性格の悪い女性が歌うと歌がうまければうまいほど「あんた何様」感が強いのに似ています。

         同じことをしても持っているカードと自己認識は大切です。チョイスを誤ってはいけないのだと思います。

コメントは受け付けていません。