北朝鮮国連大使「非核化は米朝協議の議題ではない」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

AFP、ロイターなどの報道によると、北朝鮮のキム・ソン国連大使はマスコミに声明を出し、「もう米朝間の協議において非核化は議題ではない」と主張しました。

普通、こんなことを言うのは官営メディアの役割となります。今回は国連大使が前面に出ているようで、気になるところです。

また、京郷新聞によると、先月20日にも北朝鮮の外務次官から同じ発言があったとのことです。朝鮮日報と京郷新聞から、部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<北朝鮮キム・ソン国連大使は、今後、米国との会談で、非核化問題は議論されないだろうと7日(現地時間)発表した。

ロイター通信によると、キム大使はこの日の声明で、「私たちは今、米国と長い小言を述べる必要がなく、非核化は、交渉のテーブルからすでに除外された」と明らかにした。ロイター通信は、「北朝鮮が対米交渉期限に掲げた年末が近付き、米国と北朝鮮両国の緊張関係を示す最も克明な声明だ」とした・・>

https://news.v.daum.net/v/20191208101111893

 

繰り返しになりますが、京郷新聞によると、先月20日にも同じ話があった、とのことです。

<・・先にチェ・ソンフイ(崔善姫)北朝鮮外務省第1次官も先月20日、ロシアのモスクワを訪問し、米国側に何かメッセージは無いのか」という取材陣の質問に、「メッセージは無いけど、もう、核問題と関連した議論は、今後の交渉テーブルから下ろされたのではないか、と私は考えている」と述べている・・>

https://news.v.daum.net/v/20191208053042272

 

さて、予想通りではありますが、結局はこんな展開になりました。

昨日の固体燃料ICBM(?)の話もありますし、新型潜水艦の話もありますし・・新年早々、かなり荒れることになりそうです。

北朝鮮の反応も日米の反応ももちろん気になりますが、(文在寅大統領の方をチラチラ見ながら)韓国政府がどういうスタンスを取るのか。実に気になります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5