トランプ氏「敵対行動するなら、金正恩委員長は事実上すべてを失うだろう」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ドナルド・トランプ大統領が、「(敵対行動を取るなら)金正恩は事実上すべてを失うことになるだろう」とツイートしました。

反面、韓国政府は北朝鮮が言う「重大な実験」のことを「既存実験の延長線上にあるもの」と判断、これといった動きを見せずにいます。

まずは聯合ニュースから引用します。

<ドナルド・トランプ米大統領は8日(現地時間)、キム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長が敵対的行動と事実上すべてを失う可能性があるという式の強力警告を出した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

北朝鮮が前日、東倉里(ドンチャンリ)ミサイル発射場とされる東倉里で「非常に重要な実験」をしたと対米圧迫を強めたことに対する反応だ。再選街道に影響をもたらすことができる対米圧迫の歩みを放置できないという意味に解釈され、米朝間の緊張が高騰し続ける状況である・・>

https://news.v.daum.net/v/20191209015006927

トランプ氏のツイートはそこまで攻撃的な内容ではないものの、いつも使っていた「(金正恩氏との)良い関係」というフレーズはありませんでした。

 

・・で、韓国大統領府ですが・・「既存実験の延長線上じゃね?」という話しか出ていない、とのことです。この部分はJTBCからの引用です。

<青瓦台の関係者は、「北朝鮮の動向は、韓米で一緒に真剣に注視している」と言いながらも、北朝鮮が言った重大な実験については、「既存の実験の延長線上のものだと判断している」としました。

東倉里発射場の周辺で脅威的な動きはまだ捕捉されていなかったということです。国家安全保障会議、NSC常任委員会も招集していません・・>

https://news.v.daum.net/v/20191209072416451

 

それでも、韓国が仲裁のための南北対話を仕掛けるのではないか・・な話もあるものの、最近の北朝鮮の反応を見ると、難しいとおもわれる、とも。

北朝鮮は、「トランプは北朝鮮を選挙に利用しようとしている」と主張しています。でも、米国の選挙より、この件で困るのは文在寅大統領(4月の総選挙)ではないでしょうか。北朝鮮への宥和政策は、なんだかんだで文大統領の支持率を支える要素ですから。

これを回避するためには・・伝統的には反日です。でも、露骨に反米で突破する可能性も無くはありません。外交負う(王)、文在寅大統領ですから。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (171)

“トランプ氏「敵対行動するなら、金正恩委員長は事実上すべてを失うだろう」” への43件の返信

  1. 反日と反米を同時にやる可能性もありますねえ。
    経済?民心に比べたら些事

  2. 韓国の反日ボタンは押すと日本の反感(反韓)を買うだけになってます、韓国の反日は過ぎたるは猶及ばざるが如しです、反日するよりしない方がましの状態でも反日せざるを得ないようなら、事実上すべてを失うだろうと言うほうがトランプが言うより信ぴょう性があると思います

コメントは受け付けていません。