元労働党幹部、トランプ氏に書簡・・「金正恩・文在寅があなたを騙している」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

朝鮮日報、元ソースはワシントン・ポストです。

30年間北朝鮮の労働党幹部だった脱北者が、トランプ大統領に書簡を送り、その書簡は米ホワイトハウス国家安全保障会議副補佐官・アジア担当上級部長の手に渡りました(トランプ氏が読んだかは不明)。

書簡の内容は、「金正恩がいるかぎり非核化はできない」「あなたは騙されている」というものです。以下、朝鮮日報から引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・この脱北者は書簡で「金正恩が権力を握っているし、北朝鮮の非核化は不可能である」とし「金正恩は、核兵器が敵の先制攻撃から身を守り、今後50年間統治を維持することができる最後の手段であると確信している」とした。それとともに金正恩が、北朝鮮の非核化ではなく、朝鮮半島の非核化に署名したこと、今までに核兵器を一つも廃棄していないことなどが証拠だとした。

彼は「金正恩はいまだ核の脅威を行い、あなた(トランプ)との関係を利用した」とした。それとともに「南北和解を主張する進歩主義者文在寅大統領が金正恩の詐欺に加担した」とし「金正恩・文在寅の二人が米国大統領(トランプ)を欺いた」とした・・>

https://news.v.daum.net/v/20191214031315045

 

この「30年間労働党幹部」は、軍指揮者など北朝鮮のエリート層に「金正恩は間違っている」という心理戦をしかけることが大事だ、と主張しています。

いまさらな主張ではありますが、まだまだ北朝鮮が言う非核化を本気で信じている人たちもいるだろうし、米国のメディアにこういう「関係者の主張」が載るのは有意義なことだと言えましょう。でも、トランプ氏とて「北朝鮮が嘘をついている」ことを本当に知らないでいるとは思えません。立場というものがありますから。

ソース記事のコメント欄には、なぜか朝鮮日報が叩かれています(元ソースはワシントン・ポスト)。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5