保守団体、韓国国会本館前を占拠

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

昨日、保守団体が韓国国会本館前を占拠しました。

以下、JTBCからキャプチャー画像です。URLに動画もありますが、結構うるさいのでご注意を。

http://news.jtbc.joins.com/html/293/NB11924293.html

国会本館前に走って行く人たち。コミケ入場ですか。

包囲。国会前では極左とされる正義党の人たちもデモしていましたが、髪の毛を掴まれるなど暴力を受けたとのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

さすがに国会内には進入(侵入?)できなかったものの、なかなか解散せず、8時間以上もこの有様だったとのことです。国会はマヒ状態でしたが、自由韓国党のファン・ギョアン代表が「おつかれさまでした」と挨拶するなど説得、解散となりました。

<国会内で発生した史上初の大規模な座り込みに、自由韓国党と与党の立場は大きく分かれました。ファン・ギョアン自由韓国党代表は「勝利した」と支持者を称え、与党側は「政治暴力団だ」と糾弾しました・・>

https://news.v.daum.net/v/20191217093435836

 

<自由韓国党が16日主催した糾弾大会の支持者たちが集まり、国会が事実上封鎖され、一帯の交通が麻痺する事態をもたらした。

集会参加者に囲まれた共に民主党議員が「逢變(他人から急に侮辱されること)」を受け、暴行されたという正義党員たちの主張も出ている。韓国党の一角ですらやり過ぎだという反応が出るほど、国会は「修羅場」を彷彿とさせた・・>

https://news.v.daum.net/v/20191216190041193

 

左の市民団体が「狡猾」なら、右の市民団体は「無鉄砲」です。実は李承晩政府の頃からそうでした。

政治カンペ(暴力輩)という言葉も、李承晩政府が反対勢力を潰すために国会に呼び寄せた『自称・市民』たちを意味するものでした。そんなのを相手するためには、もっと『いい子』を演じる必要があったわけです。それが、左派の処世術となりました。

重要なのは、法律や規則を捻じ曲げる「結果」は右も左も同じだということですが・・・右も左もそこは気にしないようです。

そんなやり方がまだ残っている、といったところでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5