北朝鮮「私たちは努力したのに韓国のせいで台無しだ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

「ボールは韓国にある」という話。日本関連ニュースで無数に耳にした気がしますが、実は北朝鮮も同じ趣旨を言っています。

民族(南北関係)のために北朝鮮は頑張っているのに、韓国が全然応じないでいるからせっかくの友好関係のチャンスが無くなってしまう、というのです。

「応じる」とは、いわゆる『離米』のことです。特にハリス大使を「総督」とするなど、「韓国は米国の植民地だ」とする韓国左派陣営と同じ主張を展開しています。北朝鮮の宣伝メディア「ウリ民族だけで」が載せた内容で、韓国では聯合ニュースなどが紹介しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・この媒体(※ウリ民族だけで)は、「今年、我々は歴史的な北南宣言を徹底的に履行して朝鮮半島の平和と繁栄、統一の全盛期を開いていくことを訴え、そのために出来るすべての努力を傾けてきた」、「しかし、南朝鮮当局は同族が差し伸べた善意の手を振り切って、事大と外部勢力依存政策みのみ執拗にぶら下がってきた」と指摘した。

外勢依存政策とは、韓米ワーキンググループなど、韓国政府の、米国をはじめとする国際社会との対北共助を指摘したもので、「自らの足に枷を付ける」「米国というご主人さまの顔色を気にしなければならない植民地下手人の可憐なありさま」と非難した・・

 

・・「南朝鮮当局の愚かな処置のせいで、苦労して用意できた北南関係の発展と朝鮮半島の平和繁栄のための貴重な機会が無駄になりつつあり、民族の和解と団結の力が冷めてしまっていいるのは、実に憤慨すべきことだ」と主張した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191219095521936

北朝鮮は韓国に対して『アウトオブ眼中だけで』スタンスだったのに、いつ誰に手を差し伸べたというのでしょうか。なにもせず、日本に対して「それでも韓国は日本に手を差し伸べた」と言っていた誰かさんにそっくりです。

 

あと、余談ですが・・イ・ナギョン総理が、この「ウリ民族だけで」のフォロワーだったことが明らかになり、話題(?)です。

「ウリ民族だけで」のホームページなどは韓国でもアクセスに制限がありますが、ツイッター版はすべて観覧できる、とのことでして。そのツイッター版に、イ・ナギョン総理の公式IDがフォロワーになっていることが明らかになりました。イ総理は「なにかのミスだった」と、慌ててフォロワーキャンセルしたとのことです。

https://news.v.daum.net/v/20191216091725788

へー、ミスでしたかー、なんだー、そっかー

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5