日韓首脳会談・安倍総理「韓国の責任のもとに解決策を」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

日韓首脳会談がありました。午後4時過ぎで「どうなったかな」と思って調べてみたら、午後3時50分には終わったとのことでして。

大統領府としてはこれといって発表するほどの内容が無く、マスコミとしてもこれといって書くほどの内容が無いのかな・・と思いました。

それもそのはず、いつもの「国際法違反をなんとかして」だったようです。

聯合ニュースの記事から部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本の総理が24日、韓日葛藤の懸案である徴用問題と関連し、「韓国側の責任で解決策を提示してくれ」と要求したと共同通信が報じた。

報道によると、安倍総理はこの日午後(現地時間)中国成都、シャングリラホテルでの文在寅大統領との首脳会談で、「(徴用問題は)法的基盤の根本に関わる問題である。国家レベルで日韓関係を健全に戻すことを要求する」と述べた。

NHKも安倍総理が徴用問題と関連し、韓日請求権協定(1965年締結)で解決が終わったとし、韓国政府の責任で解決策を提示するよう要求したものと見られると伝えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20191224182842045

韓国側の記事は、「関係改善は青信号、でも問題解決は難しい」というわけのわからない内容のものが目立ちます。問題解決が難しいなら、関係改善も難しいでしょうに。

 

あと、こんなことがありました。

<・・韓日首脳会談で、安倍総理に続いて文大統領が冒頭発言をしている途中、日本側関係者が「記者団は出ていってください」という趣旨の言葉をしました。

文大統領は「韓国と日本は、最も近い隣人であり、共存繁栄の仲間であり、不便なことがあっても、決して離れることができない仲」と言った後、次のの発言をしようとしたところ、日本側関係者の発言にびっくりして、発言を一時停止しました。

文大統領は「経済、文化、人的交流協力を一層緊密にし、北東アジアの平和繁栄にも一緒に・・・」と発言を続けたものの、騒がしい雰囲気に文大統領の言葉はよく聞こえませんでした。

首脳会談公開発言途中に政府関係者が相手国の首脳の発言を遮るのは珍しいことで、外交欠礼という議論が避けられないと思われます・・>

https://news.v.daum.net/v/20191224160903373

 

詳しく何があったのでしょうか。多分、「出ていってくれ」と指摘された記者たちが、何かルールを破ったのではないか・・だと曇ったゴーストが囁いていますが、詳しくはわかりません。

クリスマスです。

本ブログのメインテーマからして、メリークリスマスよりはメリー曇りますのほうが合ってますが、それはそれ、これはこれ。メリークリスマス。この後、レナスレ「レナのクリスマス」となります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5