朝鮮日報「なぜ韓国は中国に是正・謝罪を要求しないのか」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

中国が官営メディアを中心に「文在寅大統領が『香港・ウイグル自治区問題は中国の内政』と発言した」と報道した件について、中国外交部も「事実だ」と確認したことがわかりました。また、韓国大統領府は「事実ではない」としながらも、是正要求や抗議などはしていない、とも。

朝鮮日報は「本当にそんなこと言ってないなら、なぜ是正や謝罪を要求しないのか」と社説を載せています。以下、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(※中国メディアが報道、韓国大統領府が否定したことを書いたあとに)中国外務省も「関連内容は事実に当てはまる」とした。しかし、韓国大統領府の関係者は、「習近平主席が、香港・ウイグル自治区の問題について中国の内政だと説明し、文大統領が『よく聞いた』という趣旨の発言をしただけだ」とした。中国が習近平の発言を文大統領がしたように、編集・歪曲したということになる。

中国の報道機関は、独立メディアではなく、中国共産党の宣伝・扇動機関である。共産党の意図に合わせて相手の発言を歪曲することはそう難しいことではない。

問題は、私たち側の対応である。先月GSOMIA延長を発表過程で、日本側が有利な内容を流し「日本の完勝だ」とすると、韓国大統領府は激怒した。 「安倍は良心があるのか」「信義に違反した」「try me(かかってこい)」という表現まで使いながら、日本に謝罪を要求した。

 

今回、中国が文大統領の言葉を拡大解釈、歪曲したなら、黙っている問題ではない。中国の報道だけ読むには、韓国は民主化と人権弾圧を黙認する国になってしまった。中国当局に抗議し、訂正と謝罪をさせないと、今回のようなことは繰り返されるだろう。>

https://news.v.daum.net/v/20191225031842351

ごもっともな指摘ですが、嘘をついているのが韓国大統領府である可能性も高いし、前にも書いたことありますが、弱い表現でもいいから文大統領が何か一言でも反論していたなら、そもそもこんなことにはならなかったはずです。自業自得とも言えましょう。

 

以下、余談ですが、いつものことですが引用部分の(~)は私が書いたのではなく、訳の一部です。私が何か書き加える場合は(※~)とします。「Try me(かかってこい)」も原文の訳となります。直訳だと「Try me(俺にかかってきてみろ)」になっています。トライ・ミーには確かに「かかってこい」という意味もありますが、話すニュアンスによっては「なんで俺の言葉を信じないんだ!」な訳もできます。一応。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5