韓国紙「日本マスコミが韓米を離間させようとしている」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

日本マスコミが韓米をイガンジル(離間や不和を煽ること)しているという記事がありました。「文在寅大統領が香港・ウイグル自治区問題は中国内政だと言った」とする中国側の報道をそのまま引用した、安倍総理を比較した、などなどです。

日本ではあまり知られていませんが、実は全国紙でキリスト教から生まれた新聞、国民日報からの部分引用です。

<日本のメディアが、24日、国際懸案をめぐる韓中首脳の共助可能性を強調し、韓米両国の離間を煽るような報道を出した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

読売新聞は文在寅大統領と習近平中国国家主席の首脳会談のニュースを伝え、韓中関係に改善の動きが出来たと評価した。読売は中国とロシアが国連安全保障理事会に対北朝鮮制裁緩和決議案を提出したことを取り上げ・・

・・韓国が中国と北朝鮮制裁解除の必要性について暗黙の合意に達したものと見られる」と伝えた。対北朝鮮政策の進展を模索する韓国政府が対北朝鮮制裁解除により重みを置いているという主張だ。

読売は、複数の韓・米・日の消息筋を引用して、「文政府は、米国の同意なしに南北経済協力事業である金剛山観光の再開と独自の対北朝鮮制裁解除措置を実施することを検討している」とも伝えた・・>

 

引用の途中ですが、一言だけ・・検討の部分はまだわからないけど、おおむね『読売の言うとおり』ですがなにか(汗)。いや、間違いなく解除または緩和のほうに命かけてるでしょうが。なにより、文大統領はこの決議案を首脳会談でも言及しています。

・・失礼しました。じゃ、引用を続けます。

 

<・・日本経済新聞は、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄と在韓米軍駐留費用の問題で韓米関係に隙間ができた状況で、中国が韓国を自分たちに方に引き寄せようとしているという分析を実施した。

日本のメディアはまた、香港のデモ・ウイグル自治区の問題について文大統領が「中国の内政問題として認識している」と述べたとする中国側の報道を、青瓦台の否定にもかかわらず、そのまま引用した。中国側報道に従い文大統領の対応発言を既成事実化して、韓国が国際社会とかけ離れた動きをしているというニュアンスを伝えている。

日本経済新聞は安倍晋三総理が時主席との会談で文大統領と違って、香港の問題についての懸念を表明しており、ウイグル族の人権問題にも「透明性のある説明」を圧迫したと強調した。韓日首脳の対応が対照的だったとし、韓国と米国の関係をき離そうとするような評価も付け加えた>

https://news.v.daum.net/v/20191225040310414

 

一応、中国外交部も認めたことだし、「内政と言った」は中国公式となります。それを引用するのは当たり前でしょう。朝鮮日報の言う通り、韓国政府が公式に抗議すると、「抗議した」ということも記事にするはずです。

こういう内容がイガンジルに見えるのは、「私ならイガンジルする」と思っているから・・かもしれません。韓国がしょっちゅうやっている反日には、日米に対するイガンジルという側面もありますから。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5