韓国裁判所「慰安婦問題は終わっていない。韓国政府は続けて国内外で努力せよ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

慰安婦たちが、「慰安婦合意のせいで精神的・物質的損害を受けた」とし、政府を相手に損害賠償を請求したことがあります(物質的損害って何のことでしょう?)。その裁判の1審では、韓国の裁判所は「慰安婦合意に至らないところがあるが、国家間の外交活動を違法とすることはできない」としました。

そして、今日、その控訴審裁判がありましたが・・なんと、裁判所が「これで慰安婦問題は終わっていない」とする決定を下しました。詳しくは「強制調停」といって、紛争を合意によって終わらせるようにすることです。その判決文にて、「慰安婦問題は終わっていない」としています。

ちょうど明日は、憲法裁判所が「慰安婦合意は違憲なのか」を判断する日です。妙なタイミングで、妙な裁判結果が出てきました。

聯合ニュースの記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本軍慰安婦被害生存者が朴槿恵政府の「慰安婦合意」に反発して国を相手に出した訴訟について、裁判所が強制調停決定を下した。

26日法曹界によると、ソウル高裁民事33部カン・イルチュル氏など慰安婦被害者9人が国を相手に起こした損害賠償請求訴訟の控訴審で、調停を決定した。

裁判所は決定文に「2015年慰安婦合意が被害者中心主義の原則に反し、被害者が精神的苦痛を経験したことを国が謙虚に認め、合意が日本軍慰安婦被害者問題の真の解決になれないという点を明確にする」という内容を盛り込んだ。また、「国が今後被害者の尊厳と名誉を回復するための国内外の努力を続けること」という内容も決定文に含まれていた。

両側に決定文が送達されて2週間、異議を提起しなければ、確定判決と同一の効力が発生する・・>

https://news.v.daum.net/v/20191226175601026

 

「(韓国政府が払う)賠償金」については、何も言及しなかった、とのことです。明日の憲法裁判所の件(憲法訴願)を提起したのも、カン・イルチュルなど同じ人たちです。

明日の判断、個人的には「曖昧な表現で逃げるのではないかな」と思っていましたが、今日こんな判決があったとすると・・・もしや、違憲判決が出たりすると、文政府はまた同じことを言うでしょう。「三権分立があるから仕方ない」と。

明日は「文在寅政権の末路」の発売日です。

別の用事も重なって、午後まで更新できません。帰ってきたら、憲法裁判所の憲法訴願関連情報をまとめて更新します。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5