日本政府『慰安婦問題も含めて基本条約で請求権問題は解決済み』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

チョ・グク氏の逮捕状が棄却されたり、他にもニュースが多いので韓国ではパッとしませんが、今日は憲法裁判所が慰安婦合意に対する違憲の可否を判断する日です。で、もし憲法裁判所の決定が出ていたらすぐ更新するつもりでしたが・・どうやらまだのようです。大まかに「今日の午後」だそうでして。

私は個人的に、「憲法訴願(違憲かどうかを憲法裁判所が判断する)の対象ではない」として、曖昧にして終わりじゃないかな・・と思っていました。いまも、その可能性は十分にあります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

慰安婦合意が、「公権力の行使ではない」というなら、憲法裁判所が判断する対象ではなくなります。実際、韓国外交部は、「外交ではあるが、公権力の行使にはあたいしない」とし、憲法裁判所が判断することではないというスタンスです。この場合、憲法裁判所としては合憲とも違憲とも言わず、「スルーwww」とすることができます。

ですが、昨日のエントリーでも紹介しましたが、「慰安婦合意は解決できていない」と裁判所が判決を出したばかりでもあるので、ちょっと言い切れなくなりました。

昨日の判決が、「昨日『いい子』なこと言ったから、違憲とまでは言わなくていいよね?」として憲法裁判所が逃げるためのものだったのか。それとも、「昨日裁判所の判断の通り、慰安婦合意は違憲である」として流れを作るためのものだったのか。もうすぐわかることでしょうけど、気になります。

まさか「合憲です。国家間合意だからちゃんと守りましょう」というハズは・・・まずないでしょう(苦笑)。

 

そして、今日、日本では、菅義偉官房長官が「慰安婦問題は最終的に解決済み」と改めて強調した。

<・・27日日本TVによると、菅義偉日本官房長官は同日午前の記者会見で、韓国の憲法裁判所の慰安婦合意の違憲判決に関連、日本政府の立場にてういての質問に、『他の国の訴訟動向についてのコメントは控えたい』と話した。続いて『ただ、慰安婦問題を含めて、日韓間の財産請求権問題は、1965年の韓日請求権協定で完全かつ最終的に解決された』と述べた。

菅官房長官は「慰安婦問題については、2015年の日韓間の合意で最終的不可逆的な解決を日韓両国が確認した」と主張した。また「日本政府としては、韓国に引き続き日韓合意の着実な履行を着実に要求する」とも述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20191227124224782

『慰安婦問題を含めて、日韓間の財産請求権問題は、1965年の韓日請求権協定で完全かつ最終的に解決された』。『慰安婦合意で確認した』。「終わってない」とした昨日の韓国の裁判所の判決と、真正面から衝突する内容です。

 

 

ただいま書店めぐりから帰ってきました。実に幸せです。

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が発売中(2019年12月27日)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5