慰安婦、来月に大統領に直談判か・・「10億円を日本に返せ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

年末モードのシンシアリーのブログへようこそいらっしゃいました。SOS(ソロで大掃除)などもあって、いつもより更新が鈍くなると思われます。

さて、来月、慰安婦(超統領)が、文在寅氏(大統領)と直接会って「10億円をさっさと日本に返せ」と要求する予定である、とのことです。

大統領府は「え?そんなイベントありませんけど」としているけど・・さて、どうなるのでしょうか。オーマイニュースから部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・慰安婦被害者が1月初め、大統領府の行事に参加し、文在寅大統領に慰安婦被害者問題の解決を促す予定だと伝えられた。

強制徴用と慰安婦被害者の訴訟など強制動員に対する日本内の裁判を多数導いたチェ・ボンテ法務法人三日代表弁護士は28日、記者との通話で、「日本軍慰安婦被害者であるイ・ヨンス(91)おばあさんが1月初め、大統領府の行事に招待され、文在寅大統領と金正淑女史(※文大統領の奥さんです)に会う予定だ」とし「その場でイ・ヨンスさんは、被害者を代表して韓国政府が日本との協議に乗り出すことを促す計画だ」と伝えた。

 

彼は「イ・ヨンスさんは、2011年8月に憲法裁判所が『日本軍慰安婦問題解決のために政府が努力しないのは不作為状況であり違憲』と決定したことを想起させる予定」と話した。また、「2015年の慰安婦合意当時、日本政府から受け取った10億円を返すように強く要請する予定だ」と付け加えた。

正義記憶連帯(※旧挺対協)関係者も、イ・ヨンスさんが青瓦台から招待された事実を確認した。一方、大統領府関係者は、「大統領の新年スケジュールに慰安婦被害者と会う予定は、今のところ無いと聞いている」と説明した・・

 

・・イ・ヨンスさんが望むのは明瞭である。イ氏は28日、記者とした通話で、 「被害者として、日本政府から公式謝罪を受けて名誉回復するのが私の願いである」と述べた。氏は「2015年12月28日にあった慰安婦合意は、正しくないことを確実に私が知っているが、日本政府と朴槿恵政府が大統領府で遊びのつもりで交渉したものだ」とし「10億円を受けて私を、私たちを売りさばいたのだ」と指摘した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191228182701910

トランプ大統領とハグしたのが、このイ・ヨンス氏です。あのとき、文在寅大統領は大喜びだったことでしょう。「日本は悪」の象徴たる慰安婦が米大統領とハグしましたから。でも、いまはその慰安婦に噛まれそうになった・・といったところでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が発売中(2019年12月27日)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5