李明博氏の「運河」、今は・・

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

李明博氏が「韓国を縦断する運河をつくるんがー」としていたこと、覚えておられますか。珍しく左右保守進歩が一つになって「やめてやめてそれマジで使い道ないから」となって、やっと止めたものの、結局は2つの事業として実行されました。

『川を湖にしてしまった』あの4大河川整備事業と、京仁アラベッキルという運河です。アラはアリランアリランアラリヨの「アラ(意味は不明)」で、ベッキルは船の道という意味です。公式・外国語表記などは普通に「京仁運河」とするそうです。

2兆3千億ウォンかけたアラベッキルが出来てから8年。今どうなっているのか、MBNニュースから引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

全景。杭のように見えるのは、ヨットの接岸施設でしたが、全部撤去されてこれだけ残っています。そもそも、貨物輸送としか許可されていないところ(レジャーはできない)になんでヨット関連施設を作ったのかも疑問です。

遊覧船など無くなって久しい、コンビニも閉店。訪れる人もほとんどいません(住民のインタビュー以外に、最初から最後まで画面に人影がまったくありません)。

貨物処理は目標値(これも随分下げた目標値だとどっかで聞いた記憶がありますが)の8.4%。

ちなみに水質もわるい、とのことです。韓国では水質が1等級(良い)~6等級(悪い)までありますが、ここは5等級。

https://news.v.daum.net/v/20191228204232589

キャプチャー&内容ソース記事:MBNニュース

 

朴◯恵「やーい李明博バーカバーカ本当に5年間なにやったんだよお前」

※5年全うできませんでした

李◯博「逮捕されたやつが何を言うかバーカバーカ」

※こちらも逮捕されました

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が発売中(2019年12月27日)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5